自然に従う

「台風13号が発生したみたい」

事務所内に誰かの声が流れる。
近ごろの巨大化する自然災害,台風情報にも敏感になっている。

今では居ながらにしてリアルタイムの情報が手に入る。
にわか気象予報士も増えている。
私もその一人。

周辺の高気圧、低気圧の位置や偏西風を掛け合わせて進路を予測する。
中心気圧で台風の強さを判断し、進路によってその変化を調整する。
風の強さ、方向は地表付近と上空とに分けて情報提供されている。
衛星画像は晴れと雨の範囲を明確にする。
台風の進むスピード、コース、雨量、風速、風向きで被害予測する。
にわか予報士に十分な情報がそろう。

私たちは家づくり・家守りを仕事としている。
住まい手さんへ向けて
災害想定と備えの情報提供が求められている。
立地条件、周辺環境、そしてそれぞれの家のつくりは多様になり、
当然備えも多様になる。住まい手さんがわからない点も多い。

かつての災害への備えは雲の動き、植物や家の素材の異変や変形や
虫や動物の動きなどから異常を感じ取り、
その土地に暮らす長老の感や経験そして地域の言い伝えによるアドバイスをもって行われた。
しかし、地域や家族の中にあった貴重な「備えの知識・言い伝え」は消えつつある。

私もこどもたちに伝える備えの知識をあまり持ち合わせていない。
ならいの風が吹いたらな・・・・」「雲が西に向かう時はな・・・・」などなど
そう言えば小さなころいろいろ聞いていた気がする程度。

一方「過去の言い伝えは今の異常気象には通じないよ」と答えが返ってきそう。

台風の話しに戻そう。
台風が近づくと工務店は緊張する。
特に台風が海側か陸側かどちらを通るかが気になる。
海側をかすめていく台風は勢力が衰えずに進んでいくので警戒する。
左巻きの台風の風は進路と関係し建物に影響する。
だから進路は最も大事な情報だ。
b0097889_1052444.jpg
建物のどちら側に被害が出やすいか、どちら側を警戒しなければ
ならないかを渦巻く台風の風が示してくれる。
過去の体験からも学ぶ。
だから、自然に従う知恵をつけて備える。

左巻きの風と決まる台風の風だからこその備えもある。
具体的に何をどうすればは別の機会に。

そうだ、工務店が集まってにわか気象予報士ミーティングやったら
もっとスキルUPするかな。
[PR]
by hiho-sugi | 2015-08-01 08:12 | 学ぼう | Comments(0)
超高齢化社会のリフォームの現場 >>