自然に従う

「台風13号が発生したみたい」

事務所内に誰かの声が流れる。
近ごろの巨大化する自然災害,台風情報にも敏感になっている。

今では居ながらにしてリアルタイムの情報が手に入る。
にわか気象予報士も増えている。
私もその一人。

周辺の高気圧、低気圧の位置や偏西風を掛け合わせて進路を予測する。
中心気圧で台風の強さを判断し、進路によってその変化を調整する。
風の強さ、方向は地表付近と上空とに分けて情報提供されている。
衛星画像は晴れと雨の範囲を明確にする。
台風の進むスピード、コース、雨量、風速、風向きで被害予測する。
にわか予報士に十分な情報がそろう。

私たちは家づくり・家守りを仕事としている。
住まい手さんへ向けて
災害想定と備えの情報提供が求められている。
立地条件、周辺環境、そしてそれぞれの家のつくりは多様になり、
当然備えも多様になる。住まい手さんがわからない点も多い。

かつての災害への備えは雲の動き、植物や家の素材の異変や変形や
虫や動物の動きなどから異常を感じ取り、
その土地に暮らす長老の感や経験そして地域の言い伝えによるアドバイスをもって行われた。
しかし、地域や家族の中にあった貴重な「備えの知識・言い伝え」は消えつつある。

私もこどもたちに伝える備えの知識をあまり持ち合わせていない。
ならいの風が吹いたらな・・・・」「雲が西に向かう時はな・・・・」などなど
そう言えば小さなころいろいろ聞いていた気がする程度。

一方「過去の言い伝えは今の異常気象には通じないよ」と答えが返ってきそう。

台風の話しに戻そう。
台風が近づくと工務店は緊張する。
特に台風が海側か陸側かどちらを通るかが気になる。
海側をかすめていく台風は勢力が衰えずに進んでいくので警戒する。
左巻きの台風の風は進路と関係し建物に影響する。
だから進路は最も大事な情報だ。
b0097889_1052444.jpg
建物のどちら側に被害が出やすいか、どちら側を警戒しなければ
ならないかを渦巻く台風の風が示してくれる。
過去の体験からも学ぶ。
だから、自然に従う知恵をつけて備える。

左巻きの風と決まる台風の風だからこその備えもある。
具体的に何をどうすればは別の機会に。

そうだ、工務店が集まってにわか気象予報士ミーティングやったら
もっとスキルUPするかな。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-08-01 08:12 | 学ぼう

超高齢化社会のリフォームの現場

性能向上を含んだリフォームがいくつか進んでます。

性能向上とは、耐震、断熱などを一定の基準まで引き上げること。

一定の基準とは、耐震であれば倒壊しない、断熱であれば外気温に左右されにくい
室温の住まい(部分的空間)の実現です。

一定の基準には数値的目安がありますが、あえてここでは書くのを止めました。
もちろん性能数値クリアは大事なのですが
(公的補助金を申請する場合は数値達成で評価される場合が多い)
リフォームにおいてはちょっと事情が違います。
b0097889_956167.jpg

とにかく自社で建築した建物はともかく、一般的にリフォームする
住まいは建築した人(会社)、工法、時期、地盤など実に様々で
図面上の計算が現場では当てはまらないことが多く、新築のようには行きません。

それだけに現場力が求められます。

現場力とは、現場の確認力、判断力、対応力、説明力それを補う経験と知識、
更にそれらをサポートする仕組み全体です。

中でもサポートする仕組みが大事だと思います。
例えば、耐震補強は実際に効果があって初めて「補強した」ことになるのですが
ここが難しいのです。実際の現場では予定した補強が出来ない場合や
十分な補強にならない場合もあります。
経験豊富な担当者や大工さんなどであれば適切な判断ができるのですが
なかなかそうはいきません。
特に近年、工法の多様化によって
古い建物を触れる経験をつむ機会が少なくなっていますし
現場の世代交代も進んで経験年数が少ない担当者になり
現場の品質管理にはばらつきが生じやすい実情もあります。

そんな時適切な熟練者が近くにいるとアドバイスも的確にタイムリーになります。
それをしくみ化できるといいと思います。

高齢化社会のリスクが話題になりますが
見方を変えてみて私には超熟練工(者)社会到来と映ります。

企業でも、地域でも家庭でもこの超熟練工(者)社会をいかす仕組みを
持てれば強いと思います。

生の経験を聞く、それですべてが正しい答えを導き出せるわけではないにしろ
ヒントは得られます。そこには聞く側と話す側のマナーや気配りも必要ですが
うまくこの豊かな社会的資産を回すことができれば
当たり前化するわからないことがあればすぐさまキーボードやタッチパネルをたたくこと・・・
遠のいていく「身近に聞くこと」・・・・

からコミュニケーション回帰へと進む気がするのです。

リフォームでの性能向上は超熟練工(者)社会が支え、ストックが活かされていきます。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-07-13 09:29 | 現場

この時期ありがたいトップライト

これは我が家の洗濯場の画像です。
b0097889_1542815.jpg

母屋と脇屋の通路部分にあるのですが
ここは低い屋根でつないでいます。

直射日光が当たらない暗いところなのですが
屋根にトップライトをつけたらご覧のとおりです。

たまの晴れ間にうれしくなって
「今日は気持ちいい日だね」と言わせるこの梅雨時。
トップライトの下は気持ちのいい日が続きます。

今週末は島田相可で完成住宅見学会を開催します。
今日は社内検査でした。
b0097889_15271793.jpg

検査後それぞれの感想を話します。
b0097889_1546236.jpg

玄関では左官屋さんが最後の仕事をしています。
b0097889_15253965.jpg

疲れて寝ているのではありません。
玄関上がり框の下のせまーいところを仕上げてくれていました。

梅雨のこの時期の外仕事は思うように進みません。
雨の合間をうまくかいくぐって仕事を進めていく職人さんたちに感謝です。
b0097889_15274681.jpg

小さな工夫をこらした今週末の見学会にお出かけください。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-07-01 14:27 | パッシブデザイン

日本の原風景

来年の主要国首脳会議(サミット)の開催地に伊勢志摩が選ばれました。
「志摩には大小の島々、美しい入り江という日本の原風景といえる自然があり・・・」
との首相の言葉です。

日本の原風景って?

先日の掛川古民家の続きです。
先日ご相談に伺った家から帰る途中、同じ集落内で
いくつもの茅葺民家に出会いました。
住人が離れた家、現役の家、それぞれでしたが
何かホッとする風景でした。
b0097889_12572621.jpg


b0097889_12565296.jpg

今では周りに家が増えてかやぶき民家はその魅力ある容姿を
周りに発揮できないでいるようです。
どの民家もほぼ25~30坪前後のサイズです。
土間があり残り4間(ま)が床を張った典型的農家のつくりだと思います。
地域に根差した標準化住宅といえます。
b0097889_12574663.jpg
b0097889_125891.jpg
b0097889_12583834.jpg

育暮家ハイホームスではS・K・Hと名付けた標準化住宅をつくりました。
大きさは約31.2坪の家です。
建築家伊礼さんは30坪ぐらいまでが「小さな家」と言ってますので
中の小さめの家とでもいえる大きさです。

戦前までは標準とすることでが統一感のある美しい風景をつくりだしていました。
今では「家が出来るたびに風景が壊れていくと言われます」

ひょっとしたらここで撮影させていただいた家々も
やむなく壊されるかも知れません。
そしたら風景もまた変化していきます。

私たちはあまりにも自由に家をつくりすぎるのでしょうか?
改めて地域での標準を考える時期が来ているのかもしれません。
b0097889_12591283.jpg
b0097889_12593327.jpg


育暮家では古民家の抱える寒い、暗い、不便、不安の定番課題を
部分的に解消してきました。
でもそれだけでは不十分です。
早く定番課題を解決する総合的技術を身に着ける必要があります。
時間との闘いです。そして残すか迷われている住まい手さんに
「残す価値」を示し、安心してご決断頂けるようになりたいと思います。

やがてその努力がライフスタイルの変化に耐える古民家のリフォーム標準(化)に
つながれば、先人が家を建てるときに頭に描いていた「地域の標準化」に
応えるための私たちの役割を果たせると思います。
そして、新しい日本の原風景となっていけたら最高ですね
b0097889_1301657.jpg

[PR]
# by hiho-sugi | 2015-06-07 12:44 | 大切なものを残す

島田の現場の確認へ。

島田相賀の木の家で大工さんの仕事が間もなく終わるとの
ことで確認に行きました。
b0097889_1043857.jpg

大工さんが終わると仕上げ工事に入るので
大工工事の手直しがあるとすれば
このタイミングでやっておきます。

確認事項は大工さんの仕事とともに
パッシブデザイン度の設計チェックも含みます。
b0097889_10105617.jpg

ここは春から秋には気もちのいい風が吹いています。
風を上手に取り込むことができる家でなくてはなりません。
せっかく窓から入ろうとする風が抜けるところがなければ
その量は減ってしまいます。

この住まいではキッチンの裏手に洗面脱衣があるので
そこの風通しにはひと工夫が必要です。

設計では風の通り道として壁に開口部を取り付けることになっていましたが
まず確認。
b0097889_10102338.jpg

二つの穴から風が抜けていく・・いいかな。

2階へ
周辺環境を取りこんだ窓を考えようとしたけどどんな具合かな。
b0097889_10111926.jpg

左側に将来取り外す壁がついて今はすこし閉鎖感がありますが
南側の窓の解放感でカバーできそうです。

勾配天井は大井川杉。
大井川の水とともに生活が営まれる相賀、
志太地域の大事な水源地になっています。
そんな相賀に
大井川の森と水で育った木で家をつくることは
きっと幸せな気持ちにさせてくれると思います。

完成見学会は7月かな?
b0097889_1011343.jpg

[PR]
# by hiho-sugi | 2015-05-27 10:03 | パッシブデザイン

掛川のゼロエネ住宅取材

最近 エネルギー自給率が話題になっています。

盛り上がったり、静かになったり、忘れられたのかなーと思えば
危機感として取り上げられたり・・エネルギー自給率は私の腰痛のような存在です。

http://www.jepic.or.jp/data/gl_date/gl_date01.html

現在の日本のエネルギー自給率はみたとおりですね。

原発に頼らないで自前のエネルギーを増やすことは
みんなの目標になっています。
b0097889_330624.jpg

チルチンびと(住宅雑誌)の取材となった掛川の家は
ふるさと大井川の木でつくったゼロエネ住宅です。
お湯は太陽で沸かし、電気は太陽でつくる。
そこにパッシブデザインそして暮らし方で省エネする育暮家のゼロエネ住宅です。
b0097889_3305818.jpg

お話を伺えば順調に結果を出しているので安心しました。
チルチンびとは7月末発売です。

自然エネルギー利用が求められる中
このところの活発な火山活動に触れ
火山大国を意識します。
火山国日本は大きなエネルギーを地下に蓄えています。
マグマの熱で水蒸気をつくり発電する。
小型のものは各地に発電施設があります。
素人の発想ですが、発電施設の大型化を含めこの辺が
うまく利用できるといいのかもと思ってしまいます。

グラフの中のインド。その他の発電の量が多いのですが
どんな発電か興味が湧きました。先ほどのHPでは、
インドで「その他」と分類されている水力以外の再生可能エネルギー(主に非商業エネルギーの薪、牛糞など)の比率が高くなっているのが特徴的である。

とあります。インド・牛糞・・・納得。

取材の最中、ふと玄関ポーチに向いた窓を見ると・・・・
さりげなく「育暮家」が。
育てる暮らしと家、小さなエネルギーを育て暮らす掛川の家。
ガラス越しの「育暮家」にうれしくなりました。
b0097889_3302879.jpg

育暮家の家づくりは30年経過します。
この間エネルギー事情とともに家の性能(当時は家の性能と言う概念もなかった)
も大きく変化していきました。

私たちが建てさせていただいた住まいも
性能向上の変遷の中にあり、これからさらに高まる基準からみれば
改善点は少なくありません。
これからは住まいのメンテナンスとともに
性能向上のためのアドバイスや改修を積極的に
お手伝いしていかなくてはと思います。

でも、性能だけで住まいは成り立っているわけではありません。
『家族・笑顔・健康・自然・感謝』
お客様から頂いたこの5文字を忘れてはなりません。
大切なことは何か、優先順序を考えながら住まいの性能と向き合います。

撮影の最後に手作りケーキをいただきました。
新鮮さと暖かさをいただいた取材でした。
なにからなにまでありがとうございました。
チルチンびとの仕上がりを楽しみにしています。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-05-23 02:15 | エネルギー自給住宅

藤枝・大沢 おばあちゃんの知恵

ちょっと報告が遅れてしまいました。

育暮家恒例?
4月に予定しこちらの都合で順延していた草餅つきを5月3日に行いました。

場所は藤枝大沢青野さんっちです
大沢の里に住むおばあちゃんにいろいろとお話を伺いながら
楽しくやろう・・が趣旨です。

ヨモギとクチナシは下大沢に住む斉藤さんが用意してくれました。
b0097889_19125443.jpg

斉藤さんいただいたクチナシを利用して
前の日の夜、もち米を黄色に着色。
初めての経験で恐る恐る。
皮をむいて水に浸した中のお米に入れると見る見るきれいな黄色に。
b0097889_19132827.jpg

嫁さんと顔を見合わせながら「すごいなあ、植物のちから」。


当日はとってもさわやかで気持ちのいい日になりました。
早くから集まってくれた人、子供さんといっしょにワイワイやってきた人。

青野さんっちではまず戸をあけることから始まり、そしてお掃除。
少し雨戸の修理が必要のようです。板がはがれてきて戸袋内にうまく収まらなくなっています。
当然、引き出すにも苦労します。

お掃除が終わると
かまどに火を入れて、お湯を沸かして臼の清掃消毒、暖め。
かまどの火の当番は子どもたち。
みんなで手分けして。
里では当然、子どもたちも「働き手」となります。
b0097889_1914836.jpg

もち米をせいろで蒸す、クチナシもちは2臼目、最後にヨモギもちと段どって。

ここで失敗が・・・
せいろを2段積みにして上にクチナシで染めたお米、
下に、ヨモギをのせたお米としました。

そしたら、あけてびっくり。
クチナシの黄色で染まったもち米がヨモギの湯気でグリーンに変色。
「アレー、あのきれいな黄色がどこかへ・・あーショック」
まっいいか。経験は学び・・なんて強がりも通じません。

ひしもちづくりの時期も過ぎてしまったので、
小さく丸めて食べてしまうことに。
b0097889_19145337.jpg

3臼目、ヨモギもちをつき始めるときに斉藤さんがやってきてくれました。
「こうしてやってみてくだい」「こうするといいですよ」
斉藤さんはとっても優しく話します。
b0097889_19153057.jpg

黄な粉とあんこ、大根の絡みもち。定番が並びます。
そして斉藤さんのところのたくわん、味噌もいい味にできました。
b0097889_1916384.jpg

みんなでそろっておもち三昧のお昼になりました。
それはそれは腹いっぱいに。
b0097889_19164815.jpg

b0097889_19172076.jpg

斉藤さんに大沢部落のお話を聞きながら
鳥のさえずりがBGMに。
「気持ちいい風が来てるよー」
b0097889_19174529.jpg

ガスや電気に頼らない時間、そして気持ちい風に吹かれて。
皆さん、楽しかったですかー・・・・

斉藤さん、ありがとうございました。
みんなのお持ち帰りは
みんなの美味し手づくり草餅とおばあちゃんの里のおはなしです。
b0097889_1918167.jpg

この次はもっと「おばあちゃんの知恵」聞きますね。
よろしくお願いします。
b0097889_19121915.jpg


※青野さんちは私たちが移築した育暮家ハイホームスの里山の家です。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-05-17 16:26 | 大切なものを残す

つつじのいのちが

今年もつつじが花を咲かせる季節がやってきました。

ここ数年、枯れそうになっている我が家の老つつじに
植木屋さんが様々な手当てをしてくれています。

つつじ2本の内、1本は元気を取り戻してくれていように見えます。
でも、もう1本はご覧の状況に。
b0097889_8135419.jpg

「つつじは太陽が好きだからね。十分に陽を当ててあげたいね」
「土はどうなの?土の状態も調べたほうがいいね」

先日、工事でおじゃました家で庭の手入れをしていた
植木職人さんにアドバイスを受けました。
セカンドオピニオンかな。

日当り?そう言えば、10年前に行った台所のリフォームで一部増築をした
ことが影響しているのかも。
つつじが影になっている?日照時間に影響がないとは言えません。

土質のこともあり、日当たりのいい場所に移すべきか、
無理せずその場で土質の改良を目指すことが良作なのか。

そうこう思案しているうちに以前静岡民家の会にお招きした時伺った
塚本こなみさんの「木のいのち」の話を思い出しました。

その時書いたブログです。
http://hihosugi.exblog.jp/18488775/

塚本こなみさんの木の命に寄せる思いと情熱。
万が一に備え早々「差し木でつないでおこう」と植木屋さん頼んだことが
情けなく思えました。
「あきらめてはいけない、出来ることはすべてやろう。」
今度は植木屋さんにそう話そう。

藤枝大沢青野さんちで行った草もちつき体験会に出かけた際、
山道にかぶさるように咲く野生?の藤を見かけた。
b0097889_8165496.jpg

厳しい環境にも負けずにがんばっているよね。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-05-05 07:43 | 大切なものを残す

掛川へ古民家の相談に

つつじが咲いているときに見に来てください。

掛川で明治時代の古民家に暮らす方のお話を伺いに出かけました。

雨が続いたこの数週間、外の仕事が思うように進まず
職人さんたちもちょっと憂鬱に。
そんなことが一気に吹き飛ぶとてもさわやかの日です。
こいのぼりたちも気持ちよさそうです。
b0097889_156487.jpg

ナビの導くままに1時間、目的地に到着です。

お迎え にゃあーーん。
b0097889_1562887.jpg

人なつこいネコちゃんと
つつじに囲まれたとても美しい住まいが迎えてくれました。
b0097889_157312.jpg

b0097889_1573095.jpg

ご相談はこの住まいの価値や未来のお話でした。
でも、そこにいたらご家族とこの住まいの暮らしをお聞きするだけで
こちらからの提案は今日は必要ないように思えてきました。
時間がゆっくり流れていきます。
久しぶりにすべてを忘れて・・・ぼーっとするのも。
b0097889_224484.jpg

「お昼を一緒にいかがですか」
「あっっ、 はい」
「お話しながら食事すると愉しいですし」

周りの自然からの恵みが丁寧に調理され
いくつもの小皿に盛られて並びました。

おもてなしの心と丁寧な暮らしが伝わってきて
ごはんも更においしくなりました。

時間に追われがちな日々、
ホッと癒された1日となりました。
b0097889_218559.jpg

大切なものを残していく。
古民家と暮らし、その一つです。
この課題にもっと本気で向き合わなければ答えは出せない。
時間との戦いでもあるこの課題への向かい方は
がむしゃらだけでなく、今日のような穏やかな時間を多くの人と共有することから
始めることかもしれない。

「なぜここに家を建てたのでしょうね」
「裏山からとってもおいしい水が流れてくるの。
その水があったからだと思います。」

静岡でも、この風景がまだまだ近くにあるのがとってもうれしいです。
体を使った手仕事の日々があってこの風景を守っていることを考えると
ほんとうに感謝です。
b0097889_239673.jpg

[PR]
# by hiho-sugi | 2015-04-26 01:41 | 大切なものを残す

ボンマルシェ藤枝・コワザ(こどもの手技)

先週、「藤枝駅南多目的公園」で開催された
ボンマルシェフジエダに参加しました。

お天気は何とか雨の合間をぬったという感じ。
b0097889_104493.jpg

昨年は焼津と刻印を入れたミニトロ箱づくり(大井川ヒノキ)を
子供たちと一緒につくるコワザ(子供の手技)wsを行いました。

今年は大井川杉でミニチュアハウスを大工さんにつくってもらい
それに塗料で仕上げるコワザWSです。

狙いは大井川杉の木目を生かし、ペイントでアクセントをつけて
ミニチュアハウスをつくること。

「この木目きれいでしょ。」
「この赤み部分の色活かしたいよね」

でもでも、コワザたちは「木目」もふらず・・・・
ご覧の通り,
総ペイント仕上げ一直線です。
b0097889_0525830.jpg

子供たちの求めていたのは
「色をつけたいこと」「塗ってみたいこと」
b0097889_0561380.jpg

大人の狙いは大人だけの世界でしたね。
狙いは外れたけれど子供たちには人気のコーナーとなりました。
途中でペンキの追加でホームセンターに急行する場面もありました。

ビジネスではニーズに応えていくことを求められますが、
ものからことの時代・・・コワザ達からビジネスの原点を教えられた1日でした。
[PR]
# by hiho-sugi | 2015-04-23 00:03 | 大井川の森