「OMのメンテナンスはOMが好きな技術者が担う」

OMソーラーの技術はメンテナンスと共にあります。
そこにはOMを大切に思う全国の技術者の存在があります。
1月(ブログUPと思って2.5か月過ぎてしまいました)岐阜に
全国よりOMソーラー会員工務店の技術の方々が集まりました。

今回はOMの屋根を点検、研修しようと集まったのです。
OMは集熱、蓄熱、気密が大事な要素です。
その中の集熱部分は熱を集める大事なところ、
経年してどんなメンテナンスが必要か
みんなで検証、議論そしてメンテ手法をより良いものにしようと
皆さん意気込んで集まりました。
b0097889_14595080.jpg
屋根に上がり集熱部分を検証です。














b0097889_1533074.jpg
取り付け方、ガラスやビスやコーキングの状態などなど、
屋根は地方の気象条件でその対応は異なります。
雪、風、塩、等、配慮すべき事があります。

















b0097889_1563854.jpg屋根が終わると天井裏に入りハンドリング゙周りを点検しました。
屋根裏を見せて頂くとその工務店の特徴も見えてきます。
「こんな工夫をしてるんだ。」
感心させられることが多いです。

いろんな技術もメンテナンスは必要です。
OMはその考え方に共鳴する住まい手さんや設計者、工務店がつくります。
そしてメンテナンス。


住まい手さん、私たち工務店、OMソーラー協会、
この3者の共同作業でいつまでも元気なOMが保たれます。






あらゆる環境技術が目じろ押しの中、その技術が地球環境に貢献し続けるには
岐阜に集まってくれた技術者の様な知恵と熱意が求められます。

皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by hiho-sugi | 2009-04-16 15:03
<< 壁の掃除しやすく 菜の花 >>