塚本こなみさん講演会

静岡民家の会の総会が開かれました。
静岡民家の会はスタートして10年目を迎えました。

総会は例年どり報告事項の議事と講演会です。
今回の講演会は 女性で樹木医第1号になられた
塚本こなみさんでした。

人生が変わったと言われた『藤』との出会いから
藤(命)への思いなどを2時間お話くださいました。
b0097889_7571371.jpg


春野町にある大光寺の大杉、直径3.5mの大木の樹齢を
測ったときのこと、足利での大藤(1本で600m2棚面積をもつ)
の移植体験のお話を通して「木のいのち」について教えていただきました。

「木の命はどこになるかわかりますか?」
そう質問されました。
木の家づくりを本業にする日々ですが
改めて聞かれると・・・??。

「枝葉の状態はすべて根にある」
枝葉に水や栄養分を送る
1年目の年輪、外皮から3枚目の層が
木の命だとおっしゃいました。

木の中が空洞化した古木も見かけますが、
それでも枯れず倒れずがんばっているのは「木の命」が
生きているからのなのだと聞くと
力が湧いてきました。

こなみさんは藤の話になるとさらに強く
木の命への思いを語られ、それが響いてきます。

藤との出会いはこの足利の大藤、そこから人生の大きな転機になたそうです。
b0097889_8254229.jpg

(このプロジェクターの画面でうまく伝わらないけど)
その移植も難しいとされた藤は現在1000m2(300坪)の棚に成長したそうです。

これからはつなぐことに時間を使いたい。
受け継ぐこと、つなぐバトンを渡すことが難しくなった時代、
「藤への思いや習得した藤のことすべてを繋いでいきたい。」
と話すこなみさんにひきこまれていきました。

藤は1本で100m2(30坪)の棚に広げる。
窮屈はいけない。
マメ科の藤は水が必要、
自立出来ないから常にからまる相手を探している。

そう聞いて、昨年、藤だなを施工させていただいたことを
思いだしました。
棚の高さ、組み方・・・・藤について知らな過ぎた。

信条は
「出来ないかもしれないと思うことで出来ることもできなくなる。
少しでも可能性があればやってみる。」
そうして、こなみさんによって多くの樹木の命がつながれていきます。
b0097889_855321.jpg

木と人の関係、木と人の信頼関係が木の命を繋いでいくことになる。

お話が終わると参加者みなさんの顔がとってもいきいきされていたのが
印象的でした。
[PR]
by hiho-sugi | 2012-06-25 07:50 | 古民家
<< カタツムリとナツハゼ のこぎりの目たて >>