家族のぬくもりを実感できる

十一年前に日本とイギリスの暮らしや住まいについて講演いただいた
井形慶子さんの著書『日本人の背中』を読んでいたら
日本のお風呂について書かれていました。
b0097889_8511249.jpg

日本に暮らすあるイギリス人が、子どもたちと一緒に湯船につかれる
日本式風呂の素晴らしさをことあるごとに
家族や友人に話しているとのこと。

欧米人には毎日入浴する習慣がなくて基本的にはシャワーですね。
水量が少ない国では水を節約する必要からシャワーの習慣になったようです。

この夏も水不足のニュースが流れていましたが、
それでも日本は水に恵まれています。

シャワーでは『洗う』が優先になり、
毎日お風呂につかってリラックスする発想には至らないのは
やむをえないですね。

洗い場と浴槽に分かれた浴室は
子どもと背中を流しあう親子のスキンシップを生みます。

こんな日本のお風呂事情は
「日本の風呂がうらやましい」
につながっていると紹介しています。

一緒にお風呂に入りたいから
お父さんの帰りを待つ子供たち・・・

家族の体温まで共有しようとする日本の家には
日本ならではの価値があるのです。と
井形さんは書いていました。

日本の住まいの良さプランづくりに際し
いろいろ話せるといいですね。

良かったらこちらも
工務店が綴る英国への小さな旅
[PR]
by hiho-sugi | 2013-09-23 08:52 | お風呂
<< 中秋の名月と夏を振り返って ホームインスペクター研修 >>