my・バスタイム

■ 私の家は昭和47年に建てた家です。建築を目指していた私が高校生のとき図面?(平面図)を書いて近所の大工さんが建ててくれました。台所は農作業をやっていた関係土間でした。(途中からカンタンに板の間に改造、よくあるパターン)各所にかなりきつい段差もあり、80歳を超える両親には健康管理によいと段差奨励策もこれまで。父も自主的に要所に手すりを付け出しました。そんな訳で、妻のタイムリーな提案もあり、35年経てようやく3年前のリフォームとなりました。
住みながらの工事で、まずは水廻りは短期間で終わりたいと浴室はユニットバスにしました。(桧風呂の憧れも残しつつ。)当時良く宣伝されていたカラリ床と言うやつも体験したいことあり、TOTOのユニットバスを選びました。程度は並品。
(ユニットバス自体のコメントはまたの機会に)

そこでようやく本題。

皆さんのご家庭ではお風呂掃除はどなたが行いますか。
我が家では私が担当です。(ほかの事あまりやらないのでこのぐらいやってよ、の家族の要求?もあって)
b0097889_13553298.jpg
毎日の作業で大変?・・・でないです。実はお風呂掃除はとてもいいストレッチTIMEなんです。
両親の事もありユニットバスには数箇所手すりが付いています。この手すりを利用しお風呂掃除にあわせ体を伸ばすのです。このとき、お風呂の中に入りません。外から手すりを握り浴槽の底から掃除です。手をのばし背中ものばす。これはいいです。掃除できて、身体のストレッチもできる。
先日、あるメーカーさんにユニットバスの手すりの発想少し変えてみては・・とお話しました。何かいい提案出てくるかしら。how to ストレッチ 
キーワードは 『いやな、お風呂掃除が楽しくなる、お風呂で更に健康になる。』
いかがでしょうか。

リフォームではお風呂の位置は大事に考えました。「窓から見えるもの」を大切にしようと家の周りを改めて見回しました。お風呂から見たいものいくつか見つけました。
我が家では古く大きなツツジがあります。今まで毎年家の裏側で咲くツツジの花を家の中から楽しむことが出来ませんでした。「そうだ、この大ツツジをどこからも見えるようにしよう。」
お風呂から手の届く場所にツツジは咲きます。鳥もやってきます。
そんな訳で、湯船につかりながら、また掃除とストレッチしながらmyバスtimeを楽しんでいます。

b0097889_146166.jpg
☆☆ リフォームのポイント・・・・・・・窓です。
    これがツツジです。
[PR]
by hiho-sugi | 2006-07-23 13:07
<< 車がオーバーヒート寸前でした。 「社長のfoot・path」b... >>