再び長野へ

地域型住宅研究会に参加するため長野県飯田市に出かけました。
飯田市にはOM加盟工務店の大蔵建設さんが南信濃に根ざした
家づくりを展開されています。
今回はその大蔵建設さんの呼びかけで各地から、技術者が集まってきました。

最近、家づくりは新たな時代に入ったと感じます。
様々な法や施策がこの10年、そして現在、住宅業界に
怒涛の如く押し寄せてきました。
そんな中、構造やデザイン、環境共生住宅、そして
自立循環型住宅、などなどを勉強・実践を積んできた
地域の工務店がオピニオンリーダーとなって
家づくりをリードしていくようになりました。
大蔵建設さんも長野のオピニオンリーダーの一人です。

これは大蔵さんの家づくりの一こま(omソーラーハウス)
b0097889_2081156.jpg


そこで学んだ言葉があります。
地域型住宅とは「地域の財産になる家」
これは講師として参加されていた三澤文子さんの言葉。

ハイホームスもこの大きな目標に沿って頑張ります。
b0097889_20161552.jpg

有機農法のキャベツ畑に囲まれる大蔵さんの家づくり
もんしろ蝶がいっぱい飛んでいた。
[PR]
by hiho-sugi | 2008-07-01 20:07 | 家づくり
<< トンボ帰りの北海道 FOOT PATH をエンジョイ >>