れんげ畑に水が入った

じゃがいもの収穫が終わり、ずーっと時間が無くてそのままになっていた田んぼを起こし、水をいれました。枯れたれんげはすでに姿がなく、れんげのタネも土の中に消え来年に備えています。
水は土の消毒にもなる。「収穫の終えた畑には水を張って消毒するんだ」トマト栽培の農家に聞いたことがあります。5月に水を張った周りの田んぼは稲が大きくなってきました。
b0097889_14431627.jpg

田んぼの水利はなかなか複雑です。我田引水・・あまり自分の田んぼばかりを考え水を引くと廻りに水が行かなくなる。水は川上で取りすぎると川下で不足する。それがトラブルとなる。まさにそうなります。水の管理は共同作業と信頼関係で成り立って来たのです。実感します。
本来なら廻りと同じように水田風景をつくり、米づくりされている小さな田んぼ。そのまま放置すれば草野原になってしまう。でも水を張れば草を防ぎ、気温の上昇も防いでくれる。水辺の風景で周りの家も少しは涼しげ、、、でしょ。私の代ではこんな管理で田んぼを維持していくことにしました。
突如現れた我が家の池。それが小さな田んぼの夏風景。後継者が不在のまま放置される田畑山林の維持管理に新しい発想が求められます。
日本の田園風景は今が見頃です。水田はどこも緑のジュータンです。水田を残しましょう。

食料自給率を上げるには田や畑を残しておかなければ。。。

「アパートで税対策を考えましょう」と時々玄関に営業の名詞が並ぶ。早くこの土地活用の悪手法から農地をひきつぐ次の世代を解放してください。そう願います。

これまでのれんげ畑便りも見てください
[PR]
by hiho-sugi | 2008-07-26 14:47 | 環境
<< omソーラー10年点検で トンボ帰りの北海道 >>