今年はみんなが学んだ

廻りでは稲刈りで忙がしそうです。
今年は豊作とのNEWSが流れています。
8月後半、新米をいただきました。猛暑疲れに秋の訪れを心待ちにしていた
私にその新米は『秋が来たぞ』とばかりに威張って見えました。
それから1ヶ月、本格的な実りの秋の訪れです。

この夏は猛暑やピンポイントの集中豪雨で異常気象を体験しました。
異常気象といえば「何年に一度・・」というものでしたが、毎年続くこのところの
猛暑は来年も続くぞと覚悟しなければなりません。
私たちは間違いなく学習しました。・・・「来年も続く」ということを。

この学習は企業も同様に体験しています。この秋と冬を越えた頃
来年の猛暑への備えは一気に進みます。 個人も地域も、企業も。

企業では猛暑対策商品や技術で、個人では住まいの工夫や健康管理術
数え切れないアイデアが生まれそうな気がしています。
人間がひとつの課題に知恵を出し合う。。。猛暑(地球温暖化)が人をひとつにしてくれる。
うまくいけば素晴らしい時代へと導かれる?。

田んぼに目を戻すとこんな田んぼが増えています。
稲穂と雑草が混じった田んぼです。
b0097889_1365077.jpg

米作りには田の草取りという作業があります。稲の成長の過程で幾度が田に入り雑草を抜くのです。
ほうっておいてうまくできる農はありませんが、兼業で支える農は限界に来ているのかも知れません。
b0097889_13122396.jpg放置すると雑草が襲い掛かります。ここは田んぼです。




秋の訪れは「学習する秋」の訪れです。
[PR]
by hiho-sugi | 2008-09-14 13:03 | 地元
<< 群馬に出かけた DESIGN BUSSAN N... >>