群馬に出かけた

先週、埼玉の小林建設さんを訪問させて頂きました。
小林建設さんは地域型住宅を深め秩父の木をいかした
機能、デザイン性に優れまた合理性も備えた素敵な家づくりを進めています。
工務店で初めて「グッドデザイン賞」を受賞した理由がはっきり見えます。
そんなこんなで、見学や研修に訪れる企業経営者や
技術者がひっきりなしです。
私もその迷惑人の一人。
ご案内いただく課程に高崎市役所最上階の展望台がありました。
平野の中に遠く山並みが見える、穏やかさが伝わってきます。
b0097889_12132362.jpg














b0097889_12135321.jpg
















小林建設さんの設計の方のご自宅を見せて頂きました。
この夏、気温では他に差をつけていた群馬、そんな気候風土に暮らす
工夫がそこかしこに活かされていました。
玄関から居間に入り振り返ると・・・・・・・・
b0097889_12105930.jpg

左側が玄関です。

夏の過ごし方、日本人の持っていた知恵に学ぶことに目が向かいだしました。
その知恵を家に活かす、実践にはつくり手の力が必要です。
小林建設さんには感性溢れるスタッフが揃っています。
「玄関の振り返り」で改めて感じました。

さあ、静岡には静岡の気候風土に合った家を建てる。
ハイホームスも感性を磨いていきます。
b0097889_12122614.jpg小林建設さんユニフォームTシャツマーク
[PR]
by hiho-sugi | 2008-09-21 11:49 | OMソーラー
<< 静岡マガジン「しぞーか」 今年はみんなが学んだ >>