カテゴリ:あんこ( 3 )

名古屋モーニングであんこ

先日育暮家むぱすの見学と打ち合わせに来て下さった方と
あんこのお話になりました。

なぜそこに?
住まいと健康のお話となり、自然と食の話題へと進んだように思います。

あんこ好きの私には ”のり” の話題です。

こしあんか粒あんか?
ここは少し議論?に・・・・

そのお客様はつぶあん派。
こしあんの食感が苦手のようです。

以前、異業種交流で仙台の和菓子やさんとお話をしたことがありました。
名刺交換のあといきなり
「つぶあんとこしあんとどちらが好きですか?」と切り出されました。

なぜこの質問が・・

どちらも大好きな私は「どちらも」と言うべきでしたが
プロのお菓子屋さんはきっとつぶあんと答えることを期待しているな
と変な勘ぐりが入り 「つぶあんです」
と言ってしまいました。

結果はオーライでしたが
何かうしろめたい気持が残りました。

その後、事務所では話はこしあんの赤福から名古屋モーニングに発展しました。
あのおぐらトーストへ。

長くなりそうなので
名古屋モーニングの画像で今日は閉めます。
b0097889_9292414.jpg

右側の容器にバター、あんこ、ジャムが入っています。
この容器3つすべてあんこだけのものもありました。
これで300円?だったかなあ・・
どれだけ食べてもあんこは無料です。
このお店ではトーストとコーヒーは追加料金がかかりましたが。

こちらは別のお店での小倉サンドです。
b0097889_9474450.jpg



今週も大きな台風が上陸しそうです。
注意して週末をすごします。
[PR]
by hiho-sugi | 2014-10-09 06:01 | あんこ

柳屋本店

このところ東京に出ることが多くなっています。
研修や新しい資格など情報を得たり、資格試験に参加したりで
きっと、どの工務店さんも同じなんでしょうね。

b0097889_13113661.jpgさて、鯛焼きブレイク。
東京に出たのので久々に人形町の鯛焼き屋さん「柳屋本店」さんに
寄ってみました。
暑い日でしたが、やはりお客様が並んでいました。
常連、御馴染さんが多いのでしょうね。
列はお店の中に作るので写真には出てきません。
これも御馴染さんの暗黙のルール?














ガチャ、ガチャ・・鯛焼きを焼く金具の反す音を聞きながら待ちます。
この道具、毎日激しく使うので変形もするでしょうね。
どのくらいで取り換えるのでしょうか。
ちょっと気になったのが、この道具の変形か、生地が横に漏れて
黒く焦げていること。
以前は、こんなでは無かった気がします。
b0097889_131352.jpg

b0097889_13132646.jpg

柳屋さんは小金色に焼かず、やや白目の焼き上がり。
(今、全国展開中のしろい鯛焼きとは全く違います)
なので、よけいに黒い焦げが気になったのです。

伝統のあるお店です。いつまでもいい味、いい姿、期待します。
お土産にいくつか買って帰りました。冷めないようにして。
[PR]
by hiho-sugi | 2009-09-22 13:02 | あんこ

地域おこし

たい焼き
富士宮の焼きソバ、焼津のおでん、浜松の餃子・・・静岡の新しい町おこしは
食をテーマにしたところが多い。地域食材や伝統料理で無いのに何で?という感じもするものも多いのですが、さてわが町、藤枝・島田は。
このところ目立つのがたい焼きやさん。島田のよしむらさん、焼津のクワタカさんは有名ですが、藤枝駅北にも新しくオープンするこだわりのたい焼きやさんがあると聞いています。
このエリアのたい焼きやさんは露天や屋台を含めるとかなりの数になりそうですね。

先日、工務店の勉強会が東京六本木であり参加しました。黒川紀章の遺作となった国立新美術館が近くにあり、あのアールのガラスの顔を覗かせていたのですが、時間を掛けて見たかったので見学はまたの機会とし、麻布十番に向かいました。

そこには私にとっては懐かしい、浪花家さんという有名なたい焼きやさんがあるのです。
15年前に尋ねた時には駄菓子屋さん的な雰囲気の店でしたが、
現在は3階建てのビルになっていてびっくりしました。
b0097889_16235140.jpg
b0097889_16245319.jpg
1階では4、5人のたい焼き職人?さんが横に並んで忙しくガチャガチャとたい焼き鋳型を動かしています。

「たい焼き下さい」「50分待ちですがいいですか」「へーーー」
「2階の喫茶ならたい焼き食べれますよ」「じゃ、2階に行きます」ひっきりなしにお客様がやってきますが、毎回同じ会話です。

2階に上がると様々な世代のお客様がそれぞれたい焼きとあわせ、餡蜜やお茶やコーヒーを楽しんでいます。メニューを見るとちょっと不思議、カレーライスやラーメンもあるのです。

私はたい焼きとコーヒーを頼みました。浪花家さんのたい焼きは小ぶりで約70グラムです(以前、持ち帰ったとき計った)、一般的には90グラムが多いですね。でも、小さくてもあんこは隅々までしっかり詰まっています。さすがです。
数分してコーヒーとたい焼きが目の前に現れました。
b0097889_16255924.jpg
15年ぶりの再会に興奮?。尻尾から戴きました。(画像は尻尾を少し食べたもの)でも、すいません。

見た目も違和感ありますが、あんことコーヒーはあまり良い組みあわせではありませんでした。(ひょっとしたらミルクを入れたのがいけなかったかも)

やはりあんこは緑茶とのコンビがいいのでしょうか。というと、静岡はあんことお茶、いい取り合わせを持った食の地域と言える。
帰り際、お店の方に15年目に頂戴した名詞を見せると、「この方は会長です。」と緊張した声で返ってきた。
b0097889_16275280.jpg
b0097889_16314067.jpg
毎日の激しい動きに、時にたい焼きの鋳型も壊れるのですが、鋳型づくりの職人さんがいなくなって、
良い鋳型が出来ないようです。「重くなって大変です」と若い職人さんだったけど、道具の変化に時の移り変わりを感じているようでした。

昔はお城が菓子屋を育てたと言いますが、これからは誰が和菓子文化を育ててくれるでしょうか。

お茶産地の静岡、お茶に親しむほど甘いものも恋しくなります。・・・私だけ?

藤枝が「お茶とあんこの町おこし」をたい焼きから始めたらさぞおもしろいなー、と一人夢見ています。
b0097889_16321919.jpg

いつも財布に入っている切抜きです。
[PR]
by hiho-sugi | 2007-12-22 16:22 | あんこ