人気ブログランキング |

カテゴリ:大井川の森( 7 )

ボンマルシェ藤枝・コワザ(こどもの手技)

先週、「藤枝駅南多目的公園」で開催された
ボンマルシェフジエダに参加しました。

お天気は何とか雨の合間をぬったという感じ。
b0097889_104493.jpg

昨年は焼津と刻印を入れたミニトロ箱づくり(大井川ヒノキ)を
子供たちと一緒につくるコワザ(子供の手技)wsを行いました。

今年は大井川杉でミニチュアハウスを大工さんにつくってもらい
それに塗料で仕上げるコワザWSです。

狙いは大井川杉の木目を生かし、ペイントでアクセントをつけて
ミニチュアハウスをつくること。

「この木目きれいでしょ。」
「この赤み部分の色活かしたいよね」

でもでも、コワザたちは「木目」もふらず・・・・
ご覧の通り,
総ペイント仕上げ一直線です。
b0097889_0525830.jpg

子供たちの求めていたのは
「色をつけたいこと」「塗ってみたいこと」
b0097889_0561380.jpg

大人の狙いは大人だけの世界でしたね。
狙いは外れたけれど子供たちには人気のコーナーとなりました。
途中でペンキの追加でホームセンターに急行する場面もありました。

ビジネスではニーズに応えていくことを求められますが、
ものからことの時代・・・コワザ達からビジネスの原点を教えられた1日でした。
by hiho-sugi | 2015-04-23 00:03 | 大井川の森

ウッジョブ

b0097889_7582942.jpg

映画 WOOD JOB の公開が始まりました。
林業を舞台にした映画で、関係各所の方も関わっています。

地元、大井川の森の木で家を建てたり、リフォームしている育暮家ですので
近くみんなで見に行こうと思います。
また、スタッフの感想をブログ”日々”で聞いてみてください。

山の課題はいっぱいです。
今年に入って一部の材で国産材不足と価格の上昇が起きています。
供給とバランス、山側や市場の利害関係も絡み木材市場価格が変化します。
消費税の駆け込みも影響しているのでしょうか。
それだけに、日常からの地元林業との関係が大切になります。
5月24.25の藤枝市の環境フェアに「大井川の木で家をつくる会」で
積み木遊びで参加します。

ところで映画と言えば
アナと雪の女王・・素敵な音楽で話題の映画とのことで先日
嫁さんと見にゆきました。
時間はいつもと同じ最終時間帯です。
仕事や用事を済ませたあと時間で、食事をしてから席もゆったりだし・・・・・

とはいきませんでした。
b0097889_8271255.jpg

いつもと駐車場の雰囲気が違う。
受付カウンターに行くと

「満席」
「・・・・・・」
「帰る?どうする?」
二人の会話。
一旦は駐車場に向かいかけたのですが
せっかく来たのだからと別の映画を見ることに。
今の辺に性格が出ます。
やはりこんな時の選択にはいい結果がつきませんね。

教訓、今はwebネットで予約して出かける時代・・なんだそうです。

そう言えば
育暮家のイベント・住まい教室もwebネットで案内しています。
今週の「井戸打ち、地下水とのふれあい」お出かけください。
ここは「満席」はありません。
by hiho-sugi | 2014-05-12 08:37 | 大井川の森

育樹祭 朝7時開場

■11月11日(日)はエコパでの全国育樹祭に詰めます。
当日の準備は5時から7時の間です。
そしてam7:00会場早いですね。

森の仕事始めTIMEです。

ふるさとの大井川の森の木で家や家具を作り始めて12年。

森里海の繋がりを5つのシートで実績を伝えたいと思います。
大井川の木で家をつくる会のブースは「おもてなし広場」です。
遊びに来て下さい。

もう一つ見て頂きたいもがあります。
エコパグランドでの森林林業・環境機会展示実演会です。
b0097889_2214254.jpg

聞くところによるとこれだけ一堂に集まる森の機械展はめったにないそうです。
一見の価値ありのようです。

また、隣接する森林でその機械のデモ作業が披露され
森を管理しながら造材する優れた機械の働きもイメージできそうです。


林業では死亡事故も少なくありません。
森を健全に保ち、人を安全な作業で守る機械が期待されています。

出展ガイドの中に 新型ウルトラザウルスロボ 
名前もすごいけどどんなことをする機械か見てこようと思います。

それにしても、このチラシではマシーンで山が壊れてしまいそうな感じですね。
もうちょっと、やさしさも・・・・・


今、国の施策「地域型ブランド住宅」が進められています。
国産材を使って良質な住まいを地域の仲間(山、製材、流通、工務店、設計者)
が連携して取り組む施策です。

でも、掛け声だけの地域型ブランドへの危惧も・・・
時間と手続きや書類に振り回され、目的が曖昧になってしまうところもありますね。

森里海が繋がる本物の「地域型ブランドの家づくり」へ
全国育樹祭がいい方向に導きますようにがんばりましょう。

では、現地で。
by hiho-sugi | 2012-11-10 22:28 | 大井川の森

大井川の森の木を使い続ける

今日はお盆休みの最終日、この数日不安定な天気で
ゲリラシャワーや雷に不安な時間も過ごしました。

ようやく今日は1日青い空が見えてきます。

8月11日
大井川の森と里と海のつながりを目で体で触れて行こうと始めた
「山と海はつながっているミニツアー」が夏休み編が無事終わりました。

山側人に海に来てもらって
海側の人には山に入ってもらう。

改めてみんなで森の恵みと海の恵みの関係を考えてみよう・・・が趣旨です。

そして、山の実情を知ってもらう。
そうして近くの山の木で家を建てる意味を共有したいなあ・・

そんな願いを込めています。

b0097889_15155081.jpg

これはグーグルアースの写真です。
濁流が示す流れが山の水の流れとしてわかりやすいかと思って・・・・・・
グーグルアースから大井川の濁流が駿河湾に流れ込んでいる画像を選びました。

大井川の森と海の関係が見れます。
大井川の森は画面で「大井川の森」と書いた部分から
大井川を挟んでずっと上まで広がっています。

こうして山肌を削った濁った水が海に流れ込む様子が見れると
山の水と海の関係がイメージしやすいですね。

もちろん、流れ込んで欲しいのは豊かな森のミネラルです。

先日の九州の大雨、大きな被害の要因に
手入れされていない人口林の杉、ヒノキをあげています。
根こそぎ土石流とともに流された流木は
橋や家を壊し被害を拡大していきました。
b0097889_1601661.jpg

山が荒れることで海の栄養が供給されなくなる。
人工林が手入れされないと山の木を凶器にしてしまう。
改めて感じます。

森と海がつながる海岸線がとても長い静岡県、
それぞれの近くの山の木を
みんなで身の回りに使っていきましょう。

私たちが大井川流域の森の木を
家づくりにしっかり生かしていきます。
サポートさせていただきます。

そうしてふるさとの森とともにある「育暮家」であり続けたいと思います。

■9月 8日9日は完成住宅見学会です。
私たちの大井川の森の木の家造り見に来て下さい。

※見学会のチラシを打たないのでHPで
 気がついていただいた方だけの来場です。
近く詳細をUPします。

さあ、残暑に負けずに8月を楽しもう。

☆そうだ!9月1日の1985アクションの大集会バスツアーの
  ご参加もお願いします。(こちらはHOMEから



森里海ミニツアーの様子はこちらからご覧下さいね。
by hiho-sugi | 2012-08-16 15:34 | 大井川の森

仕事始めです。

今日から仕事始め。

お年始あいさつに落合製材さんが大井川の山から見た
富士山を”届けて”くれました。
b0097889_21492519.jpg


希望・夢・明日・・・・伝わってきます。


ことしも大井川の森の木で家を建てていきます。
落合製材さん今年もよろしくお願いします。


1月6日 晴れ
by hiho-sugi | 2012-01-06 21:51 | 大井川の森

月1回の大井川に木で家をつくる会ミーティング

「大井川の木で家をつくる会」のミーティングがあった。

近況報告で山側からこの先の木材の供給不安の話が出た。

台風15号の影響で林道が寸断され木材の運搬に支障が出ている

とのことである。

木材の品薄状況が起きだしているとのこと。

台風12号から続く雨がもたらす様々な「力」を改めて感じます。

家の近くを流れる大津谷川の水はこの2カ月余り・・・この通り
b0097889_855576.jpg

b0097889_862156.jpg


1枚目が約1.5カ月前、2枚目が数日前、この間水は濁ったままである。

22、23日と金沢の会議に出かけた。

前日の大雨の影響で電車は徐行運転箇所が多く

かなり遅れて金沢駅に着いた。

途中の河川は大雨の影響か濁流で大荒れだった。

でも、23日の帰りの電車から見えたのはきれいな水。

一夜で変わっていた。

大井川の支流、大津谷川との違いはなんなんだろう。

本日の「大井川の木で家をつくる会」で

この話をさせてもらった。

大井川の森が荒れっぱなしなんだろうか。

放置された人工林の影響なんだろうか?

11月恒例の森里海・伐採体験も場所選びに悩むかもしれない。
by hiho-sugi | 2011-09-27 08:00 | 大井川の森

駿河家具展の撤収に出かけた

2月26.27と開催された駿河家具研究会主催の家具展の撤収に出かけました。
今年で8年目の参加です。

今年はエココーナーを設けるので
「ハイホームスさんには間伐材で何かつくってほしいんだけど」
と言われていました。

間伐材・・・これが結構難しい。
間伐とは植林された木の所謂、間引きなんですが
この間引きは木の成長に合わせ何度か行われます。

小さいころの間伐材は材が若く、細く、このあたりの材の
使用用途が課題になっているのですが。

特に家具には不向き。
さてさてと・・・

こんな手さげ木箱をつくりました。
b0097889_8434190.jpg

「値段をつけてください」
当然ですね。 ええーーーっと・・

これでどうでしょうか。 えい、やー
小 1500円 中 2000円 大 2500円
オスモノーマルクリア仕上げ済

来場されたみなさんの反応はどうだったでしょうか。

スタッフも見学会もあり休日出勤が続いており
今週はお休みタイム。

そこで私と三浦が手分けして木工やさんと搬入搬出です。
そんなわけで会場に詰める時間が搬入、撤収だけとなり
来場者の感想はお聞き出来ていません。

3月の完成見学会会場に置いておきます。
ぜひ、ご意見くださいね。 ご購入もよろしくお願いします。
b0097889_848178.jpg

展示はこのようにされていました。
そうか、縦置きしての収納もあり、と思ったんですね。



撤収に向かう前、雨続きで遅れていたじゃがも植えが終えて
何よりほっとしてます。  何よりです。
by hiho-sugi | 2011-02-28 08:14 | 大井川の森