<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

景観セミナーがありました。

□静岡県景観セミナーに参加して。 

今年の3月に静岡県景観形成ガイドプランが作成されそれを踏まえたセミナーでした。
経済社会の成熟化に伴う価値観の変化や画一的で雑然とした景観の増加に、積極的に景観施策を推進する為のガイドラインとのことです。ガイドラインは約170ページの冊子にまとめられ会場で配布されました。その中に目標のタイトルがありました。「あおぐ富士 あふれる緑 あおい海 次世代に残す しずおかの景」です。なんとなく静岡らしくまとめたなと思いますね。景観を構成する要素は・地形植生・大気や水、気象、四季などの自然の営み・土地利用、公共施設、建築物、工作物・人々の日常生活、農林漁業・商業・工業などの産業活動、余暇活動、祭りなどとありました。

課題も各要素に分け挙げられていますが、山地、森林・里山・農地、集落・住宅地などが家づくりの仕事に直結している課題かなと思いました。人工林の管理不足、里山の人口減、田畑山林の放置、集落の調和、住宅地の用途の混在、緑の欠如などなど・・・・
建物に関しては私たちの責任も大きいと感じます。一方、日本の景観、風景は自然と人との営みが大きな役割を担ってきていたんだなーと気付かされました。
b0097889_1113987.jpg例えば農業。私の家の東隣は田んぼで、今収穫の秋を前にして緑の穂が現れ始めています。この緑のじゅうたんは5月から家と家との隙間を被い美しい景観を作ってくれています。この時期、当たり前の景色としていましたがこれも農があっての景観なんですねえ。感謝です。


棚田やお茶畑、里山集落のスケールの大きい景観も自然と人の営みが生み出した景観、その中で空家になった古民家も重要な景観資源として保全活用の必要性をガイドラインにあげてあり、うれしかった。事例紹介では浜松まちづくりセンターの大和田清隆さんのお話があり、学び、気付き、創造、知恵と実践(実践する勇気)、再び学びとサイクルさせるのがポイントと話されていました。

セミナー参加者は役所の方が多かったみたいですが、景観に対する認識は行政の中おいても部署ごと温度差が大きい実情もあると講師の方は話されていました。景観というと大半は行政の仕事と思いがちですが市民の発意で行政がサポートするそんな協働が大切なんですね。最後に、火の見櫓の調査研究で知ってる方が多い塩見寛さんが建築士会で景観整備機構としての指定を受けたので景観形成の相談に乗っていくと説明されていました。だれも美しい景観の中で暮らしたい願いを持っています。景観はみんなのもの、一緒に出来ること実践していきましょう。
[PR]
by hiho-sugi | 2006-08-28 11:01

雨水はどこへ

■雨水を垂れ流し?b0097889_23395986.jpg

日本の家屋に樋を付け出したのはいつ頃からなのだろうか。
実は、ハイホームスが縦樋から流れ出る雨水について考えだしたのは、そんなに前ではないのです。

東京、世田谷での雨水を地下に返そうとする住民運動と区の補助金付きの奨励活動を知ってからです。

「地下水が枯れ出している。川に多くの雨水が急激に流れ込むことによって洪水が起きるようになった。」 リーフレットにはそんな文字がありました。

先日の新聞に「止まらぬ“日本沈没”」という記事がありました。

地下水のくみ上げによって地盤が沈下する状況のレポートでした。

地下水のくみ上げは規制などにより以前より2割減ったようですが、
年間124億m3(想像できない数字ですが)の地下水が使われているそうです。

工業用、生活用それぞれ約28%で約6割、農業用26%だそうです。

地下水の有効利用は大切ですが、水循環という視点で雨水を効率的に地下に戻す必要性を書いていました。

雨水を地下に返すことに関して、この周辺の市町村の中では島田市が比較的、前向きに感じます。

また、豊富な大井川水系の水は近隣エリアに供給されています。

東隣の静岡市は隠れた?水の都です。

安倍川が干上がっている姿を良く見かけるので連想できませんね。

安倍川の水は川底の下を流れ、そのまま街の地下に流れ込んでいるようです、
その豊富な地下水は湧き水となって吹き出しているところもあります。

しかし、ここでも、地下水位は下がってきているようです。
旧清水市(合併で静岡市)では雨水浸透枡の補助金制度がありましたが、
新しい市となってどうなったでしょうか。

そんな訳で、住宅の雨水を出来るだけ地下に返して上げたいと思っています。

地盤の浸透性が高ければ、雨水を浸透枡を介して積極的に返してあげたり、
あるいは、樋の下を開放して地表に流したりしています。

でも地盤が粘土質であったり、玄関口などで人の往来を雨水が邪魔したりする場合は、
配管で側溝までつなぐことも必要かも知れません。

時々、「雨水が垂れ流しじゃないの」と言われることがあります。

この  “垂れ流し”  に代わるいい言葉ないかなア?・・・・

b0097889_2341195.jpgb0097889_1756527.jpg













これは島田市から補助金を頂いて自宅に設けた雨水浸透枡です。
[PR]
by hiho-sugi | 2006-08-20 17:37 | 雨水

車がオーバーヒート寸前でした。

■先日、静岡での打合せの帰り、なぜかエンジン音が大きくなってきた。ダッシュボードに目をやると水温計が赤色の警告ラインを示している。「これはオーバーヒートするぞ。」とひとり言を言いながら、その言葉の響きがやけに懐かしかった。最近と言うよりかなり前から死語のように思っていたオーバーヒートが迫ってきた。やむなく車を道脇に止めてエンジンの冷えるのを待った。数分して「何とかたどり着けるかも」行ってしまえ、と車の波の中に入っていった。すると途端に水温計は赤ラインを超えた。やめよう、11万キロを超える走行メイターを見ると無理は出来ない。再び道脇へ。少し時間をおいて今度はボンネットを開けてラジエターの水を点検。 シュー、蓋を開けるとわずかに蒸気は出てきたが水がない。水を入れなくちゃ。幸い近くに沢があり水が流れている。「この水を入れよう。」しかし、水を汲む容器がない。・・・・・ここからが言いたいところです。(前段が長いねー)昔なら竹やぶを探して竹筒で水を汲んだかもしれない。b0097889_08179.jpg私はぜんぜんあせりませんでした。「道路脇ならきっとペットボトルが落ちている。」そう考えるのが寂しい・・・悲しいかな、うれしいかなペットボトル君はすぐ見つかりました。そして私は事務所までたどり着けたのでした。そして後日の修理代は2万円だったかな。



見えますか、お茶のペットボトル君。
[PR]
by hiho-sugi | 2006-08-05 00:08