<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

静岡空港から小松空港へ

富士山静岡空港(ゴールデンWeek)の続きです。
まずはこの写真です。帰りの飛行機から牧の原茶園の様子です。
b0097889_725586.jpg

「静岡空港から能登に行ってみよう」の一泊思い付きミニ旅行で
良かったことに空から地元を見れたことです。

小松に向う飛行機は一旦駿河湾に出て名古屋上空から美濃、
雪が多く残る穂高連峰を右に見て進んで行きました。
そしてこれは、小松空港近くの家並みです。
b0097889_7264413.jpg

茶色と黒の瓦の家がとてもかわいらしい。

飛行機は約6000mの高度で飛行していました。この高さからは
肉眼で地上の様子が見えますね。
高山の山に住む友達が言ってました。
「飛行機の航空会社がわかるよ」って

空からの風景はその土地の地形や道路や家並みが観察できます。
飛行機で一番の楽しい時間は離陸と着陸時です。
空からその地の風景を楽しむ時間です。夜景もいいですしね。

お茶畑ってこうなっていたんだ。家並みも特徴を残しているところ
(地域)がまだまだあるんだねって。・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0097889_7225586.jpgもう一つ。
日本海の風雨に耐える杉の外壁下見板(能登には板張りの家が多い)
木板は外壁を守る昔からの大切な素材だと改めて感じました。
[PR]
by hiho-sugi | 2010-05-31 07:26 | 地域型住宅

パッシデザインを語りましょう

今週末5月29日(土)・30日(日)も引き続き完成住宅見学会です。
そこで少しその住まいでのパッシブデザインの一部を紹介します。

それは屋根からのダイレクトゲインの試みです。
冬の太陽は暖房のためには多く取り入れたいものです。
とり入れは外壁の窓からが一般的です。
屋根を開ければ多くの太陽エネルギーを活かせるのですが
夏のことを考えるとリスクが大きくおよびごしになってしまいます。

と言って、簡単にエネルギー取得効果の大きいこの手法をあきらめたので
パッシブデザインでオンリーワンを目指す育暮家らしくありません。

この住まいは45度東に振れています。
午後の太陽の恵みをやや受けにくい振れ方です。
そこで、屋根からの太陽エネルギーを考えました。

b0097889_2263717.jpg

この状態で太陽をとり入れます。
b0097889_2282295.jpg

夏の日差しは遮断しなければなりません。
そこで断熱入りのスライディング杉扉を設けました。
完全に閉めるとこのようになります。
b0097889_2305395.jpg


今回は屋根ダイレクトゲインは小面積でしたが
今後はパッシブソーラー手法として積極的にTRYしていきます。
この天窓からの取得エネルギー量は計算予測と実測でまたお知らせします。

■ パッシブデザインについて見学会会場で詳しくお話します。
  お出かけください。お待ちしています
[PR]
by hiho-sugi | 2010-05-28 02:39 | パッシブデザイン

ecocolo [エココロ]

こんな雑誌もあるよ。と紹介されて買ってみた[エココロ]。
エコを感じるココロ をもじった雑誌名です。
ファンも多いとか
b0097889_11431547.jpg

手にしたMAY/2010号はお酒の特集でした。
大きな見出しは
「幸せを運ぶお酒」です。
開いていって62ページ
”時を刻む果実酒”の文字が現れてきました。
続いて「長い年月にしか出せないストーリイーのあるお酒」とサブタイトル。
奈良県でホテル、レストラン、雑貨店を併設したお店などを
営む石村ゆき子さんの果実酒づくりが紹介されています。
記事の中にレモン酒の事が・・庭先のレモンを摘んで小さな瓶に封じ込める。
手順は季節の果実や植物と氷砂糖をホワイトリカーに漬けるだけ。
レモンも同じ。最後の時期となった庭先のレモンを摘んで
・・・・とある。そういえば我が家にもレモンの木にまだたくさんレモンが
残っている。
b0097889_11381360.jpg

これは我が家のレモンの木

レモンの最後の時期とはいつだろう。他の家ではレモンに花が咲きだし
この時期に実が残っているようでは新しい実がつかないと言われた。
b0097889_11384611.jpg

そうだよね。摘み手のないレモンもかわいそう。
今度の休みには全部落としておこう。
果実酒も長く熟成させることで深い味わいが楽しめる。
そう、スタートは短い季節の移り変わりをとらえて漬けこんでおくこと。
石村さんの著書の「季節をビンに詰め込んで」に
多彩な果実酒と作り方の成功の秘訣が収められているようです。

来年は季節を忘れることなく「幸せを運ぶお酒」にトライしよう。

 エココロは時代の変化に対応し大きくリニューアルするとあります。
 創刊4年、エコも柔軟性を求められる。
 そんなふうに締めくくっていました。
 2年で様変わりすることの多くなった時代
 4年はとても長い?・・と
 
 ■■ 生活を楽しむ家づくり・・・「幸せを運ぶお酒」そんな生活を夢見て家づくりを進めた住まいが
              完成しました。  見学会とサロンを開催します。
               お出かけ下さい。

[PR]
by hiho-sugi | 2010-05-21 11:33 | 生活を楽しむ

富士山静岡空港

ゴールデンWeekから1週間、初夏の香りも感じてきそうな季節ですが、また寒さが帰ってきて体調を崩す人が多いかもしれません。

b0097889_8283939.jpgゴールデンWEEKの話題を今頃・・・なんですが。
富士山静岡空港のお話を2回に分けて。

新聞やHPで紹介され、富士山静岡空港に寄贈された「モニュメントベンチ」が気になっていましたがようやく見てきました。
富士山をモチーフに国際森林認証を受けた川根本町の杉ヒノキで作ってあるということで見ておかなければ。
富士山静岡空港までは私の家から車で15分の距離です。
工事中の飛行場には足を運びましたが完成してからは初めて。






ターミナルビル2階に南アルプスの方向を向いておかれていました。
へーなるほどこれが逆さ富士のデザインか・・・
b0097889_892620.jpg

肝心の座り心地は・・写真を撮ることに気を取られて「座り体験」を忘れてしまいました。
座る方が次から次へ きっと座り心地はいいのかな。
座ったことのある方は感想をお聞かせください。

ハイホームスは大井川の森の木で家をつくり初めて約10年。
川根本町の森がとても身近になりました。
町の森林認証への取り組みもよく聞いています。
大井川の森の木を普及したい。
そこでは「地域ブランドにしたい」「ブランドはだれがつくるものなのか」「地域ブランドとは、そもそも・・」
ブランド化の意見交換もしたことがありました。
ブランドはお客様がつくっていく・・・

b0097889_8323672.jpgハイホームスの家づくりも生活を楽しむ家として「地域ブランド」になることを目標にしていきます。
[PR]
by hiho-sugi | 2010-05-14 08:22 | 地元