<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

22年目の木の壁のお風呂

お風呂のすのこが傷んできたし、重たいし
何とか改善したいのですが・・・

22年前に建築した家からお電話いただきました。

お邪魔してご挨拶。

ワオー 二人のお子さんが大きくなっているー。

当然ですね、20年もたったのだから。
最近つくづく思うのです。

「10年ってあっという間だなー」って。

こちらはその倍の時間が経過しています。
現場づくりの浴室なので、床が冷たくないように桧のすのこを
敷いたのですが、ご覧のとおりメンテナンスが必要になっています。
b0097889_21342752.jpg

「ちょっと軽くしましょうか」
「いっそタイルで埋めてしまう?」
「プラスチックすのこではねーー」

そんなこんなのお話をしながら浴室の壁を眺めてみる。

桧の板で張ってあります。
「えー。きれい。20年経過してこれですか」
施工した本人が驚いてどうするの、ですが。
b0097889_21382841.jpg


浴室に木を張るとどうなりますか?と
時々聞かれます。

「木はいいけど、長く使ってどうですかねー」

私の答えはいつもワンパターン。

『確かに、お湯が直接かかるところはグレーに変色しますが、
腐ったところは見たことありません。』

こちらの住まいの浴室の桧の壁を見て
木の壁って丈夫なんだなーーと改めて実感しました。

「杉村さん、この板柵はもうだめですか?」
「時々、塗装してきたんですけど」

玄関先の木の柵のことです。
b0097889_21465825.jpg

「大丈夫、悪いところだけ直せばまだ行けますよ」
「これ、いい感じじゃあないですか」

「わかりました。できることやってみます。」

育暮家
私たちの家づくりスタイルを表した言葉。

私たちのHP内のブログを書いてくれている
元スタッフがいます。
イギリスに行った時の様子を綴っています
その彼女が残してくれた素敵で大事な3文字「育暮家」です。
もちろん商標登録しました。


お風呂も板柵も「育暮家」でまた息を吹き返します。
そんな家がいい、暮らし方がいい と思うのです。
[PR]
by hiho-sugi | 2012-10-27 21:52 | 育暮家

メーカーの価値観

20年前に建築させていただいたアパートのオーナーさんからb0097889_22152632.jpg
「物置の扉の戸車が壊れたのでホームセンターで探したけど
合うものがなかった。見てほしい」

こんな電話があって物置メーカーさんに尋ねた。
「20年前のものではもう対応できません。」
常識的にそうだ。

「何とか代替え品はないでしょうか」「修理ができるか見てもらえますか?」
とオーナーさん。
実際、物置本体がほとんど痛んでいないので
戸車が治ればまだまだ使える。
「では、見にゆきます」
メーカーさんと施工代理店さんが見に来てくれた。

「無理ですね。」
「車もある時期来るとのりかえるでしょう」

「それはわかっているんですが、
本体がまだこれだけいいので何とか戸車部分を修理出来ないでしょうか」

オーナーさんの気持ちを代弁して、と私の気持ちも含めて話すが
メーカー担当者さんとは堂々巡り。

メーカーさんがだめならこちらの職人さんで加工して直すか、あるいは
取り替えてしまうか、の選択をすることに。

物置きはスチール製です。
スチールだから長持ちは期待していない商品だ。と片付けて良いのかなあ。
せっかく長持ちしているのに。

以前、給湯機やトイレでもあった。
10年位使用した給湯機のリモコンが壊れた。
メーカーさんはリモコンの修理対応はしてくれないし、代替えもない。

でも給湯機はリモコン操作不可でいくつかの機能は効かなくなったが
お湯はわかせる。

現在、リモコンの使える機能だけで動かしていただいている。

そんなことがあってから、
取り換えされる機器があれば、使える部品はとっておこうとしている。
なかなかうまくいってないけど。

トイレの話に似た話。また別の機会に。

物置に戻して。

2棟のアパートを時期を違えて建てさせていただいたので
物置の選択は、最初は単独タイプ、次が連棟タイプとなっていた。
b0097889_8342187.jpg

b0097889_8343733.jpg

連棟タイプは見た目のすっきり?を求めてを選択された。

「同じ商品は廃番だから不具合がある物置だけ
取り替えるわけにはいきませんね」
連棟タイプの物置の宿命?

こちらは単独タイプを並べた物置。
b0097889_8353414.jpg

b0097889_8355162.jpg

1棟だけでも取り替え出来て経済的。

多機能、複雑化する住宅設備、
メンテナンスを考えると
選択方法で長持ち、経済性の差が出てくる。

また、メーカー担当者の価値観で商品の扱いの差が出たり、
会話が噛み合わないこともある。

早速、メーカーさんから取り換えの見積りが届いた。

「取り換えの見積もりが出ました。」
 気が進まない電話をかけた。

「戸車なおったよ。何とかあうもの探したよ」
「塗装も自分でやり始めたよ」
「そうですか。・・・・・良かったです・・・・・・・。」

どちらがプロか、育暮家らしいか・・・

そういえばオーナーさんが取り忘れたマスキングテープが残っていたっけ。
物置への「育暮家」。

物置にいろいろ教えてもらった秋の1日でした。

b0097889_21535879.jpg
[PR]
by hiho-sugi | 2012-10-20 08:29 | 家づくり

暮らし省エネマイスター

今から東京に出かけます。

暮らし省エネマイスターの検定を受けるためです。

どんな検定?
 「家庭での省エネルギーを推進するため、生活者に向けた適切な
 アドバイスをする人材教育のための検定」 なのです。※検定案内書から。
 
主催は一般社団法人パッシブデザイン協議会です。

当社では先週、小板橋が検定を受け、今日は私と太田が受けます。
みんなのパッシブ理解度が試される機会でちょっと緊張します。

/////////////////////////////////////////////////

検定が終わって・・・・・

検定に必要なもの
 ・暮らし省エネマイスターテキスト
 ・鉛筆、消しゴム (消しゴムは必須だった。)
 ・電卓
b0097889_7303456.jpg

今回の検定は大阪、東京で行われそれぞれ定員は30名に限定されていました。
初めての検定ということで様子見もあったのでしょうか。

テキストは「勉強してきなさい」と事前に配布されていましたが、
地力を試そうとばかりに少し手抜きしてしまいました。
やはりそのつけが・・・・

1.5時間の研修後、選択式1時間、記述式1時間、
計2時間の試験が始まりました。

前半も後半も電卓をたたく場面が出てきます。
私の両サイドから電卓のたたく音が聞こえてきます。
「おー、そこまで進んだか。はやいなあー」
電卓の音に焦りが出てきます。
b0097889_7434299.jpg

窓の省エネ度を計算し、削減コストも出さなくてはなりません。
みんなの消しゴムと電卓は忙しく動いているようでした。

「30分過ぎたら退席していいですよ。」
とんでもない、豊富で多彩な暮らしの省エネに関する問題が
次々現れてきます。
b0097889_747432.jpg


マイスターには建築だけでなく、増加してきた家電の省エネ知識や
暮らし方アドバイスも求められます。

検定が終わって、ほんと「お疲れ様」でしたが
とてもすっきりしています。

いろんな資格がありますが、
これはとても社会性がありかつ、家庭的な資格制度だなあと感じました。
とてもいいテキストです。
ここがベース、スタート台です。

受験生は女性が1/4位で、みんなの平均年齢は30代かなあ―。

日本のエネルギー環境は、既存住宅5000万戸の省エネ精度で
変わっていきます。


大事に育てて普及してほしい「暮らし省エネマイスター」
がんばります。
[PR]
by hiho-sugi | 2012-10-11 10:02 | パッシブデザイン

十数年ぶりのお米

台風18号が去っていきました。

進路、速度、勢力、衛星画像、雨雲の動き・・・
パーソナル気象台には十分なデータがwebから寄せられ
現場対応の助けになっています。

「心配していたほどでなくてよかったね」
社内の会話。台風にみんなの神経は高ぶります。

現場やお客様からも特別な被害報告がなくてよかったです。

もうひとつ、台風を心配していたのは
収穫を前にした田んぼ。

十数年ぶりに復活した自前のお米づくり。
と言っても隣に住む幼馴染の正ちゃんの助けで実現した復活です。
b0097889_805948.jpg

黄金色に染まった小さな田んぼは台風の風に
踏ん張り、倒れず、へこたれず朝を迎えました。
b0097889_812656.jpg

「3日に稲かりするぞ」と正ちゃんが言いに来たのは数日前。
稲穂の状況、天候そして勤務先の了解。
複雑化する社会の中で、専業農家でない
米づくりの時間管理は悩みも複雑にしています。

さて、前の日に少し雨が降って露が残る稲穂。
露の乾きを待って稲かり開始です。

「露は竹ほうきで払ったもんだよ」とは正ちゃんのお母さん。
小さな田んぼだから出来る作業、早速露払いです。
なるほど、イネの葉に小さく丸まった水玉がさらっと落ちていく。

数時間後コンバインが田んぼに入ってオレンジのボディーに稲が
どんどんと吸い込まれていきます。
玄米になり袋づめされ、それを乾燥機に運び15%以下まで乾燥です。
b0097889_815366.jpg

収穫というのは人の心を豊かにします。
自然は自然を大事にすることでご褒美を与えるのですね。
体にも、こころにも。

感謝は正ちゃんと自然の恵みです。
忘れてはいけません。私の嫁さんにも。
朝から晩まで収穫作業に汗を流していました。

こうして、放置田んぼがよみがえり、
実りとともに季節を伝える風景をつくっています。
田植えから半年間地域の風景を作ってきました。

そうだ、田んぼにはれんげの種をまこう。
春にはレンゲ畑がみんなを楽しませる。
1年を通した小さな田園風景をつくろう。

住まいと暮らしは家の周りの風景によって
豊かさも違ってゆきます。

刈り終わった田んぼを見ると
小さな責任を果たしたような充実感がこみ上げてきます。
手伝っていただいた皆様ありがとうございました。

明日はみんなで新米を食べよう。
[PR]
by hiho-sugi | 2012-10-04 07:43 |