人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ホームインスペクション

名古屋で行われた日本ホームインスペクターズ協会のスタートUPセミナーに参加しました。
2年前に試験に合格し、当教会の公認インスペクターになり
スキルUPの研修です。
b0097889_8294848.jpg

建物のインスペクション(調査、評価)の必要性が高まっていますが
インスぺクションについての内容、認識がまだまちまちです。

国のガイドラインが整備されようとしてますが、
関係諸団体の意見も様々です。

今回のセミナーで整理されていたことで
わかりやすかったこと・・・
 インスペクションは大きく3つに分かれること。
  ①既存住宅インスペクション(1次現状調査)・・・目視中心
  ②     〃         (2次現状調査)・・・機材などを利用して行う
  ③性能向上インスペクション(建物の強度や断熱など建物の性能に踏み込んで調査)

国のガイドラインは①の入り口部分です。
中古住宅の流通活用が社会ニーズとされる時代、
ホームインスペクションの質とインスペクターの数が課題となりそうです。

協会では将来38000人のホームインスペクターが必要になると言ってました。

中古住宅流通の中のインスぺクションは売り手と買い手からの
依頼とないますが、建物評価は買い手側の要求が中心になりそうです。

私たち住宅リフォーム・リノベーションを仕事とする者は
③の性能向上インスぺクションの質とスキルの向上を
目指さなくてはなりません。

会場では様々な調査機材も紹介されました。
参加された方々の意気込みと熱心さが溢れてました。

住宅リフォーム・リノベーションの成功には
私たちと住まい手の方と求めるライフスタイルや価値観を共有し、
不満や不便の課題解決に向かうこと。
そして

住まいの耐震、省エネ、バリアフリーなどの性能向上のためには
建物を正確にインスぺクションする技術と人材、そして
そのインスペクションの評価と対応技術が不可欠と感じた日でした。

インスペクションは男性の世界?
研修会参加者約40~50人に女性は1人でした。
by hiho-sugi | 2013-04-28 08:29 | 講演会/研修会

家電屋さん慎重に。

現在リフォーム中現場にて。

壁の穴から光が漏れている・・・
何だろう。

筋違に穴が。
今回もまたエアコンの配管穴があけられている筋違に遭遇しました。

b0097889_22394691.jpg


エアコンを後付するときは注意が必要です。
筋違の位置にエアコンが設置される場合が多いからです。

エアコンは家電屋さんに依頼して取り付ける場合が多いかと思いますが、
壁に穴をあける場所は慎重に決めなければなりません。

それを怠ると大事な筋違に大きな穴をあけられてしまいます。
最近、道具が良くなった分、穴も簡単に開けることができるようになりました。
それだけにリスクも増しました。

私たちはそのリスクを回避する為に
エアコン取り付け予定箇所には
スリーブ(パイプ)を入れておき、家電屋さんには
その穴を利用してもらいます。

耐震調査においてエアコン取り付け部分は筋違の欠損を
疑ってかからなくてはですね。

最近、建物調査・・インスペクションの必要性が言われています。
国でもそのガイドラインを出しました。  でも、
言葉先行のインスペクションが一人歩きしているところがあります。

既存住宅の調査が
壁、天井、床をはがさずに
どれだけ正確にできるか、
難しいところがあります。

構造の欠陥の発見のため
想定できる欠陥の内容、位置などリストUPしたり
マニュアル化したりして調査の質を上げていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ マンチェスターユナイテッド優勝おめでとう
  香川には元気もらいます。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/shinji_kagawa/?1366664501
by hiho-sugi | 2013-04-22 22:58 | リフォーム

サウスアフリカ

サウスアフリカから絵葉書が届きました。

友達のスウェーデン人のご夫婦からです。

はがきは途中で濡れたらしくよれよれになって
ビニール袋に入れられていました。
成田空港の郵便局で乾かしてくれたようで
お詫びメモがついています。
ありがとうございます。
b0097889_7421356.jpg

ヨーロッパの人はよくアフリカに出かけますね。
地理的条件や好みもあるのでしょうけど。

b0097889_7464585.jpg

b0097889_746632.jpg
中にこんな部分が・・

南アフリカ、そうなんだ。とても美しく、友好的で助け合う人達が
暮らしているんだ。

ヨーロッパ人が勝手に乗り込んで行ったアフリカの国の一つ。
いろんな問題を乗り越えて?して今に。

雪の寒いスウェーデンから逃れ、滞在して3か月になるみたい。

時間に追われがちな日々にこんなのんびりとしたはがきが届くと
ホッとしますね。
by hiho-sugi | 2013-04-16 08:00 | ヨーロッパ

エンドウの続き

昨日は町内の「川ざらい」でした。

場所によっては「どぶざらい」というのでしょうか。
川とどぶの使い分け。
どぶとは溝のこと・・・・・でも

私の中の使い分けは 川・・・きれい どぶ・・・汚い 
のイメージです。
育ってきた環境でこのイメージは変わるのでしょうね。

今日は畑の話題です。

その川ざらいで久しぶりに会ったいとこの”みっちゃん”から
「おい、お前のえんどうちっちゃいぞ。肥料やったのか?。」
「横のソラマメも俺んちの半分だぞ。」
b0097889_851861.jpg
b0097889_855868.jpg

実はエンドウもソラマメもみっちゃんから苗を分けてもらったもの。

畑に行けてない(ブログを書くより畑に行きなない・・・聞こえてきます)
「今からでもいいのかなあ」
みっちゃんは「・・・・・・」

そこで見てきました。
b0097889_861757.jpg
b0097889_863987.jpg

エンドウが実をつけている。
大きさと言うより勢いが違う。

手も声もかけて野菜はおいしく育っていきます。
にわかファーマーにかつ!です。

育暮家をコンセプトにする私たち。
家づくりでは「にわか」はありません。
昨日は丸子で見学会もありました。
風の強い中、ご来場ありがとうございました。
ご近所の方々にもよくして頂きました。

ともに声を掛け合って家づくり、野菜づくりが
楽しさを生みます。

私たちの経営理念の一つ 『共に喜ぶ』。
「住まい手、つくり手がともによろこびを感じる家づりをすすめる」
というお約束です。
丸子の家でも実践できたと思います。


スコップの手を休め「このごろどう?・・・・・」
川ざらいの会話からもつながっていく人と人。

「川ざらいコミュニケート」
SNSにもまけないホットなネットワーク。

KNF(川ざらいネットワーク・ファン)
こんな感じで呼びかけたら「奉仕」感覚も変わるかも。

SNSで呼びかけ?・?・?
by hiho-sugi | 2013-04-08 08:24 | 畑・野菜

4月になりましたね。

今日から4月。

桜は散り始めいつもより早く春が過ぎていきます。

昨日、移築古民家藤枝大沢「青野さんっち」に寄りました。
新年度の村内の役引き継ぎで集まりました。
引き継いでいくこと、
みなさん高齢になり複雑な思いでした。
b0097889_8572559.jpg

町中より1~3度低い気温の場所にある「青野さんち」の遅咲き桜も
「来年またね」と
触るとさらさらっと、うすピンクの花びらが落ちていきました。

敷地内には10本ほどの桜の木が育っています。
約10年前、住まい手のみなさんと一緒に
桜、クリ、こならの木を30本以上植えました。

「見に来て下さい。桜が育ってますよ」。
b0097889_857481.jpg

クリのほとんどに虫が入ってしまいました。
何とか1本だけが踏ん張り、秋に実をつけてくれています。
(先にいのししに食べられてしまいますけどね)

村の川沿いの道脇に移築した「青野さんっち」。
「桜がきれいに咲いてるね」
村の方々に喜んでいただいているみたいで良かったです。

なかなか時間がなくて十分な活用に至らない「青野さんっち」
お手入れには時々来なくてはね。

時間がなくての言い訳ついでに・・・
b0097889_85438.jpg

もらった苗を植えた畑のエンドウも何とか大きくなってきました。
自然に任せるばかりで
手も目もほとんどかけてあげていないのに・・・
エンドウに感謝です。

さあ、4月。
様々なことがスタートします。
学校で、企業でなどなど。

育暮家ハイホームスもみんな新たな気持ちです。
いつもと違う春を感じつつ・・・・・。
by hiho-sugi | 2013-04-01 08:45 | 畑・野菜