<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いくぼーや 会社名が変わります。

育暮家 ホームページは  こちら からご覧ください。

株式会社ハイホームスから

株式会社 育暮家ハイホームスへ


1985年に誕生した ㈱ハイホームスは2013年9月で29期目に入りました。

ゼネコン技術者から独立した私には、培った技術と
支えてくれる職人さんたちだけを頼りにするスタートでした。

何でも「はいはい」で請け負いますの (ハイ)
「住まい」のお役立ちを目指しますの (ホーム)
巣「ス」作りと杉村の「ス」をかけて (ス)

こうして社名が決まりました。
単純ですね。

3年の山を越え10年.20年と大好きな家づくりを
夢中になりやってきました。

やがて技術と職人さんたちが頼りだった時代から
お客さま、住まい手さん、家づくりや経営、精神面を
支えていただく方々や仲間との出会い
少しずつ成長し、スタッフや家族に恵まれ
30周年を迎えるところまでやって来ました。

お客様と共有するキーワードを
お客さまの声からいただきました。

 「家族」 「自然」 「笑顔」 「健康」 「感謝」

これは私たちの働く目標を明確にし
価値基準と判断基準になっています。


家は建ててからが始まりとした「育家」も
お客様と共有してきた考え方の一つです。

手をかけ時間をかけて育んで行く育家。

キーワードを支えてくれる「育家」ですが
何か物足りなさを感じていました。

そんな折、商標登録をきっかけに「育家」の見直しが起きました。

社内に問いかけました。
退社し現在は主婦業に専念する遠藤(旧姓森)さんから
「育家」の間に”暮らし”を挟む案が出されました。

家だけ育てるのではなくて暮らしも育てていかなければ・・・・

 『育暮家』が生まれた瞬間です。

なによりも社員の中から生まれたことに価値とよろこびがあります。

さて、この3文字をどう読んで(呼んで)いただいたらいいか。
ここは私のわがままを通させてもらました。

「いくぼーや」 これは私の勝手な読ませ方です。
ロゴをデザインして頂いた安藤竜二さんは
「牧歌的だね」とおっしゃいました。

当然ですが”いくぼーや”と検索しても出てこない出てこない漢字3文字。
ハイホームスの「ス」と同様になじんで頂くまでには時間がかかりそうですね。

来年は創業30周年を迎えます。
新拠点も1月にオープンします。

株式会社 育暮家ハイホームス

このタイミングは社名変更に適した時期と判断し
社名変更に踏み切りました。
私たちの方向性を社名にも表現できてぶれないで進んでいきます。

この画像は創業時に着用していたTシャツです。
b0097889_1161165.jpg
近くにいるからお役に立てる・・・・

この初心は忘れてはならなりません。

















b0097889_11173760.png


キャッチコピーも少しリニューアルしました。
大切なものを残し、育む住まい」

そして私たちの経営理念は 「ともによろこぶ」 です。

住まい手のみなさま、つくり手そして私たちを包む大きな自然・・ 
みんながよろこぶ関係があってこそ、
しあわせづり・家づくりだと信じて

これからもいつも変わらない姿勢の
『育暮家』であり続けます。

このロゴマークも親しみを持って接していただけるようになっています。
新しい社名とともに育暮家ハイホームスをよろしくお願い申し上げます。



※追伸
 電話番号は今までと同じですが
 ナビ検索をかけると旧住所に案内されてしまいます。
 ご面倒ですがしばらくは「住所」検索でお願いいたします。

  新事務所 住所 静岡県藤枝市青南町2丁目8-7


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          
[PR]
by hiho-sugi | 2013-10-26 08:03 | 繋ぐ

リユースショップ

日本住宅リフォーム産業協会の役員会で名古屋へ出かけました。
リフォームデザインコンテストの審査や表彰などの打ち合わせです。

昼食を兼ねて大須にある「こめ兵」という
リユースショップ(名古屋本店)に寄りました。

こめ兵と名の示す通りもとはお米屋さんだったとか・・・・
b0097889_12381030.jpg
b0097889_12383838.jpg


リユースと聞くと何か雑然とものが並んでいるイメージがありますね。
ところがぜんぜん違いました。

1階はジュエリー中心のフロア、金額もおてごろ価格から数百万までで
ブランド品が並ぶ。
2階は時計だけのフロア、お値段も品物も1階と同様です。

リユース品は定価の半額ぐらいとか(確かではありませんが)
品ぞろえのためでしょうかNEWとマークして新品も並んでいます。

お客様の年齢も様々です。

3,4,5階とメンズ、レディーズ衣料やバックなども豊富で
家族で行っても楽しめそうです。

建物でも再利用を積極的に進めているので
リユースの文字にひかれての訪問でしたが
貴金属店にあまりようのない生活をしてますので
とても新鮮な時間でした。
[PR]
by hiho-sugi | 2013-10-14 12:25 | 研修会/会合