<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

来年の準備

本年は本当にありがとうございました。

㈱育暮家ハイホームスと社名が変って3カ月。

ようやく名刺も出来上がり、全員にあたらしい社名の名刺を
手渡すことができました。

28日は仕事納めでした。

事務所のしめ縄飾りもスタッフの手作りで準備されました。
b0097889_9595532.jpg

さあ、あすは鏡餅をつくって
新年に備えます。

振り返れば至らぬところも多くて、ご迷惑をおかけしたことも
ありました。
そんな時、ご指摘、ご注意とあわせて暖かな言葉が
添えられていました。

いくつになっても教えていただける人間に。
謙虚さを忘れてはいけない。

今年も反省と感謝で1年が終わります。

改めて、2013年1年
    ありがとうございました。
[PR]
by hiho-sugi | 2013-12-29 09:41 | 感謝

家族の本棚

ヨーロッパの家庭の本棚には代々読みつがれている本が
大事においてあると聞いたことがあります。

時代を超えていつ読んでも心に響く本がありますね。
だれだれさんが読んでいたんだあ・・と思うと灌漑深いものがあります。

おばあちゃんがよく読んでくれた絵本だとお母さん・・・
お母さんは時々、その本を子供たちと見ていた。
表紙も古くなってきたけど何気なく
本棚に収まって家族が読み繋ぐ・・・・

改めて古い本に教えてもらうことも多いです。

家づくりのプランでは
誰にでも見えるところ、手に取ることができるところに
「家族の本棚」がおけるといいなあと思います。

我が家の「家族の本棚」に
「花のある人 花になる人」
草柳大蔵著がありました。

10年前の本でまだ古くはありあせん。
亡くなった父が晩年買ったのでしょうか。

タイトルが気になりパラパラっと。

小さくても自分の歴史を、の話の中に、
千利休の庭掃除と落ち葉のことがありました。

利休が修業時代でしょうか、庭掃除ばかりさせられていた
ある時、きれいに掃き終わったそのあとで、
木をゆすって、3、4枚の葉を庭におとした。

利休は庭仕事という単純作業の中で
考え続け、茶の美学を知ったのです。
と書かれています。

落ち葉と言えば庭のもみじ。
12月の頭まで秋を楽しませてくれていましたが
一雨でこのように・・・・
b0097889_814371.jpg

そうじして
b0097889_82622.jpg

そのあとで枝をゆすって・・・
b0097889_822677.jpg

日々の努力が生みだす到達点。
にわかでは美しさもにわかですね。

そんなこんなで2013年も残り1week。
来年は創業30年の年です。

努力してきたことがあります。
お客様、働く仲間、みんなの「小さな自分史」が形になれば
とてもいい年になりそうな気がします。

家族の本棚、会社の本棚、のぞいてみます。
[PR]
by hiho-sugi | 2013-12-24 07:31 | 季節

暖かくしたい

築15年を経過する住まい手育暮家さんがご相談に見えました。

「外壁を張り替えて断熱のいい家にしましょう」と
業者さんが回ってきたけどどうしたらいいでしょうかとのご相談でした。

事前に頂いていた外壁材の資料から断熱性能を調べておきました。
その外壁材だけで現在標準断熱仕様とする場合は
「次世代省エネ基準」に照らし合わせると3層にしなければなりません。

既存の断熱材がありますので外壁の断熱が新しく付加されるので
断熱は補強さることは間違ありません。

でも、限られた予算の中では優先順序が違います。

家の熱がいちばんに逃げているのは開口部、窓です。
b0097889_7181455.jpg

私たちの当時の家は断熱サッシの普及状況や価格のこともあり
ペアガラスとシングルガラスの併用など場所ごと工夫したり
思考錯誤のところがありました。

「断熱補強は窓から行いましょう」
「あまり行かない場所の窓は予算を見ながら補強を検討しましょう」

最近、窓やガラスの断熱、日射遮蔽などは価格も種類も
バリエーションが増えてきました。
新築、リフォームとも選択しやすくなって
提案の幅が広がっています。

最近思います。
新築、リフォームでどこにお金をかけたらいいのか・・・

簡単に言えば
後からなかなか取り替えられないところとなります。

構造、断熱などですね。

設備は次です。
必ず壊れるまた年々新しくなっていく設備は
高設備=高メンテナンスで更新コストもそれなりに見込んで
おかなくてはなりませんね。

「私たちも二人住まいになりました」
「そうですか・・・・。あっと言う間ですね」

「インナーサッシや断熱ブラインドも普及してます。
現在生活の中心になっているところから断熱補強の
提案させていただいます」

「設備も故障し始めました」
「これからのライフスタイルを鑑みて
設備のベストミックス考えてみますね」

家は建ててからが始まり。
愛着を深めていく物語。

そこを支える安心、安全・・
家づくりのつくり手の考え方、技術が問われます。
[PR]
by hiho-sugi | 2013-12-10 07:03 | 暖かく