<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

完成現場で動的耐震試験

動的耐震試験を行いました。
b0097889_2226588.jpg

完成した家の耐震性能を確認する為に
動的住宅耐震診断起振装置を使って
建物を揺らしてみました。

建物を南北、東西各方向ごと
徐々に振動を与えていき起振装置が与える
震動周期に共振する(揺れが大きくなる)
ポイントを確認します。
b0097889_21505643.jpg

そのポイントが建物の固有周期と判断します。

事前に周辺地盤の固有周期も起振装置で
調べておき、建物の固有周期と比較します。

地盤、地震、建物の周期のバランスが
ゆれに大きく影響するからです。
出来るだけ地盤、地震、建物の
各揺れを共振させない構造計画が大事という訳ですね。

今回の診断解析はこれからですが
その場で確認できたのは
 東西南北の壁の配置と量が上手くいっていたことです。
 (南面の開口部が大きいことにより若干北側より
 揺れが大きかった)
 建物の個有周期は約0.2秒など。

スタッフみんなで自社設計の耐震計画と施工結果を目と体で
触れたのは良かったです。

住まい手さんお父さんにも立ち会っていただき
説明させていただきながらの体感で安心して頂きました。
b0097889_21513537.jpg

同時に気密試験も行いましたが(全棟実施)
数値は約2でした。
気密過ぎない気密・・その辺が育暮家の家です。

育暮家は想いの家づくりですが
ここからはいろんなことを定量的《数値に置き換えて》にも
裏付けしていきたいと思います。
b0097889_21521488.jpg

[PR]
by hiho-sugi | 2014-04-27 07:59 | 地震・津波

健康維持増進住宅

最近、住まいと健康の関係が研究され始めました。
そして様々な事例が紹介されています。
whoのオタワ憲章でヘルスプロモーション(健康と改善を進める)
という概念を提唱しているそうですね。
「病気になる、ならない」だけではなく住宅や社会的インフラ
を含め、日常生活をとりまく環境が如何に健康であるかが
大事になってきたというわけです。

いくぼーやの家づくりも健康と住まいに更に踏み込んでいくのですが
そんな矢先、社内ではこのところ体調を崩しリタイヤ組が出ています。
この社内事情でいろいろご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。
スタッフ全員力を合わせて対応させていただいています。
連休明けには全員そろう予定です。

実はリタイヤ組のスタートは私でした。
3日ほど入院してしまいました。原因は胆石。
痛みは1日でなくなりましたが検査と食事制限(断食)の療養でした。
4日目は身体も軽く更に元気に。(胆石対策はこれからですけど)
b0097889_10593858.jpg


29年ぶりの入院でいろいろ感じ、思うことがありました。
入院、治療の情報提供のあり方。
断食の効用のこと。(ファスティングについても)
健康と日常生活(家も)のこと。
食と人の体のこと。・・などなど

住まいと健康がテーマになる時代。
住まいの健康リスクをしっかり学び検証し
育暮家の家づくりやリフォームに活かしていきたいと思います。
情報提供のあり方もお客様目線に配慮し・・・

WHOが示す健康・・・
単に病気、虚弱ではないというだけでなく
Physical《身体的》、Mental《精神的》、Social《社会的》に
良好な状態を健康と定義しています。

複雑になる社会、健康への課題が大きくなっていきます。
健康への感謝の日々です。
[PR]
by hiho-sugi | 2014-04-25 08:43 | 健康

育暮家(いくぼーや)の家づくり、消費税8パーセントにどう備える?

消費税8%と家づくり

4月から消費税が5%から8%に上がりました。
創業30年を迎える育暮家はいほーむすは
過去2回「消費税にまつわる家づくり」を経験しています。

初めて消費税が導入された当時
消費税3パーセントの必要性や負担増が具体的にイメージ出来ていませんでした。
多くの方はやみくもに、かけ込み需要に走った感がありました。

次の5%アップになった時は、やや冷静な対応が皆にできていた気がします。

今回の8%は少し複雑です。
私のまわりのリフォーム業界関係の方は
今までにない忙しさだと奔走しています。
でも、私たちはいつもと大きくは変わりません。
もちろん、増税をあおることも致しませんでした。

4月、8%を実感する日がやって来ました。
いくつかのお見積りで消費税8%を計上することに・・

例えば、2000万の家では60万が増税になるのです。
「この金額はおおきいなあ」と実感。
60万で出来ること、実現すること。
60万がもたらすちょっとしたでも大きい暮らしの違い。
その実感です。

バブル時期だったなら借り入れ額の上限には天井がないほどで
返済リスクはありましたが、楽観的環境がありました。
60万吸収への決断に壁は低かったのです。

今は異なります。
所得や雇用、そして社会保障など
将来への不安がどなたにも大きくなりました。

住宅の基本性能や機能の向上が求められる中
家づくりの基本コストも上昇しました。
「私らしく暮らしたい」と付加価値を求める時代です。
もう少し資金をプラスできればなあと思うこともしばしば・・・

b0097889_11233255.jpg


消費税をどう住宅資金とセットさせるか・・・
ここは作り手任せではいけないと思うのです。

「消費税が増えても、総予算は増やせません。」
ほとんどの方はそう答えます。

「この予算で建てたいのですが・・」
「この予算でリフォームしたいのですが・・・」
資金計画は重要ですが、これだけではいけないのです。

また 作り手がやってはいけないこと、
それは、予算の上限が動かないことで
それではと家づくりの仕様などを調整して増税分を均等に
分散してしまうことです。

これでは質の低下を招きやすくなります。

ではどうすれば良いのでしょうか・・・

まずは、住まい手も作り手も学んで知恵を出し合うこと。
価値観が近い住まい手、作り手同志が出会うこと。
「こうしたい、こう暮らしたい」を存分に語ること。
作り手は、それを丁寧に聞き取り、本当に実現したいことを上手く導き出せること。

時間をかけて家づくりを進め、現場にもよく足を運び
遠慮ないコミュニケーションのもと、信頼関係で家づくりが進むこと。
作り手に予算に左右されずに住まいの基本性能を担保できる設計と現場力が備わっていること。

「家は、建ててからが始まり、暮らしながら育てていく」
というのが私たちの基本の考え方。
建てた後のお付き合いの中で、良きパートナーであることがいきてきます。

「私らしく納得できる家づくり」は
気持ちや意気込みだけではできないし、
How Toだけ、技術やデザインが優れているだけでもできません。

じっくり話し合い理解し、いろんな優先順序を整理できれば
消費増税対策はクリアになります。

育暮家はいほーむす新拠点『むぱす』のテーマは
ここにあります。

消費税増税後の国の未来づくりに期待し、その負担分が家づくりの負担とならないように
一緒に学んで「私らしさ」を実現、実践していきましょう。



 ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ 

 
育暮家(いくぼーや)の完成住宅見学会
今月19日(土)・20日(日)開催です。
ご覧いただく建物は、価格が魅力的な標準化住宅「スタイルS」

育暮家が考えるコストパフォーマンスをご説明するのに
とても良い機会だと捉えています。


場所等、詳しくは ホームページ をご覧ください。

[PR]
by hiho-sugi | 2014-04-11 11:06 | 家づくり

OMソーラー季刊誌ソーラーキャット

昨年、事務所の移転の際
捨てられない性格から多くの 「もの」 が
次から次へと現れてきました。

このソーラーキャットという雑誌もその一つです。
b0097889_185303.jpg

地域や自然をテーマに
写真も豊富で
とってもきれいで、丁寧に作られています。

すでに15年あまり経過していますが
内容はまさに今にして旬なり、です。
b0097889_185154.jpg

OMソーラー協会は
熱と空気のデザインと技術で、私たち工務店をリードし
そのデザインと技術を支える考え方や価値観を
このような季刊誌を発行し、
つくり手と住まい手を啓蒙し続けていました。
b0097889_1862351.jpg

まだまだ在庫が残る
捨てられずに済んだ「宝もの」は
育暮家はいほーむす新拠点「むぱす」に
おいてあります。
お立ち寄りいただいたときに
ご自由にお持ちいただければ幸いです。


4月19日(土)20日(日)は牧の原で完成住宅見学会です。
4月20日(日)は育暮家「むぱす」で個別相談会を開催します。
4月26日から4月29日は育暮家「むぱす」の見学会です。
   築30年の住宅リノベーションで私たちの取り組んだ
   技術やデザインをご案内いたします。
   ■もちろんゆっくりくつろいで下さいね。
4月27日(日)は移築古民家大沢「青野さんっち」で
   草もちつきです。(住まい手さん主催)
[PR]
by hiho-sugi | 2014-04-05 09:05 | OMソーラー

大島桜が咲きました

育暮家はいほーむすの新拠点「育暮家むぱす」には
様々な落葉樹が植えられました。

落葉樹が一気に存在感を示すのが春ですね。
新芽から花や葉が噴き出します。

「育暮家むぱす」の庭には桜の木が一本植えられました。
それは大島桜です。
b0097889_17102465.jpg

スタッフの女性に大学で森林や農業を専攻し
その後、専門学校で建築を学び当社に入社した者がいます。

彼女が「桜を植えるなら
大島桜かあずまひがんにしてください」「ソメイヨシノは避けたいです」
「ソメイヨシノのお父さん、お母さんが大島桜とあずまひがんなんです」
と言ってきました。

ソメイヨシノは品種改良から生まれた桜、
いろんなことを言われるかわいそうな桜ですが・・・

「育暮家むぱす」の庭には出来るだけ外来種を
避けてみよう・・・のこだわりをもちました。

でも純粋はとても難しいですね。

桜はそんなスタッフの声を反映し
少しでも純粋なものをと大島桜になりました。

さくらもちに使用されるのは大島桜の葉と聞いたことがあります。
あんこ関係のお誘いにはいちもにもなく・・・

お庭の木を選択するときには
「育暮家むぱす」に行けば
いろんな木があるから参考になるね
と言われるようにしたいとみんなで育てていきます。


※「育暮家むぱす」とは・・・
育暮家はいほーむすの新拠点の名称です。
  築30年の住宅を直して見学していただています。
  (隣の私たちの事務所も築28年の作業所を直して使っています)
 
■□「育暮家むぱす」のオープン時間□■
   平日 8:00から19:00
   日曜、祭日 10:00から16:00

[PR]
by hiho-sugi | 2014-04-01 08:25 |